TOEFL iBTについて

___[記事にはプロモーションが含まれます]
TOEFL

大学入試で TOEFL iBT スコアを利用することが多く、社会人の大学院留学でもスコアを提出することが一般的です。またアメリカのボーディングスクール、英語選択の中学受験、高校受験でスコアを提出して英語の試験免除を認めている学校も近年、話題に。

TOEFL iBTスコア目安

アメリカの人気大学では100が目安、アメリカ州立大学では80が基準。3年次編入が魅力のコミュカレはスコアには寛容。ボーディングスクールの入学、編入で受験を課されることが一般的。広尾学園の国際生入試(帰国入試)においてTOEFLスコア90で英語の試験が免除されます。同様に広尾学園小石川でもTOEFL iBT 90で英語免除になります。推定では渋幕の帰国入試渋渋の帰国入試合格者も90前後のスコアになることでしょう。

TOEFL iBT 勉強法

ライティングが点数アップに直結する分野です。スピーキングの後半部分のスコアを上げる効果もあり、リーディング、リスニングの英文、放送内容を細かく分析するスキルが鍛えられるからです。

3つの分野を重要度順に学習すること、TOEFL ライティングの出題形式と高得点を獲得する学習方法を守ること、スピーキングの応答速度を向上させる練習、リーディングで接続詞を上手く利用して内容を把握する読解の演習が効果的です。英単語は単語集を暗記するのでなく、問題を解くときに、その都度、未知の単語を整理すれば十分です。

TOEFL iBT 過去問

公式問題集で練習すると目標スコア達成までに不足している英語力を把握できます。

スコア80までは日本語の解説が掲載されている参考書、問題集で学習すると短期間で得点を上昇させやすいです。

スコア100を目指す場合は英語の参考書、問題集を中心にして学習するとライティングとスピーキングの得点力が増します。もし英語の参考書、問題集で英文の解説を読み進めていくのが困難な場合は日本語で解説している書籍で学習した方が勉強しやすいので、特に、独学の場合は日本語の解説で過去問や問題を解き進めた方がスムーズに対策できます。

TOEFL iBT 難易度

英検1級合格レベルで110点から85点、英検準1級合格レベルで95点から75点、英検2級合格レベルで85点から55点が難易度のレンジです。

TOEFL iBTとiPT 違い

アメリカの大学に出願するときに利用するのがTOEFL iBTです。日本の学校に出願する時にもTOEFL iBT のスコアを使用します。

TOEFL iBT 自宅受験

日本の学校に出願するときには利用不可の場合が多いです。本人確認が難しいのが理由で、日本では認証が困難である現実について情報がないに等しいので、不思議な印象を抱く方が多いのですが、海外では苦労しているようです。

自宅受験のスコアが認められているか否かを個別の学校ごとに確認することが欠かせません。

TOEFL iBT 受験料

3万円弱です。英検準1級合格してからTOEFL iBt 受験するのが堅実です。スコアが必要な時期までに18ヶ月以上ある場合は英検1級に合格してからTOEFL を受験すると費用を節約できます。

問題に慣れることを優先したい方は英検準1級合格した後にTOEFL の問題を集中的に解くと望んでいるスコアに到達するまでの期間を短く抑えることができます。

まとめ、TOEFLはライティングを重視してスピーキングも向上させ単語は後回しに

TOEFLでは英文の構造把握力が強く問われます。ライティングとスピーキングで文構造がスコアを上げるためには重要になっています。単語集の暗記に時間を割き過ぎないように注意して、高スコアを実現したいところです。

Visits: 80

タイトルとURLをコピーしました