TOEFL 110点を超える学習法

___[記事にはプロモーションが含まれます]
TOEFL

目標スコア110点に到達するには参考書、問題集の厳選が前提です。洗練された英文を書いて、研ぎ澄まされたスピーキングを遂行する実力の養成を実現する学習法について解説します。

ライティングは著名な英文の学術書で使用されている文体を踏襲する、研究書が最適

TOEFLライティングで得点を上積みしていくことが110点に到達するには避けて通れません。英文を書く際に採点者が高得点の評価を与える英文とは洗練された英文なのです。

英文の学術書で用いられている文体を習得して答案で書くことがスコアを上げるための最善の学習法です。各学術分野の入門書を購入して英文を研究します。気を付けたい点は定評のある英文の学術書を入手することです。ネット通販のレコメンドでは不十分です。100点までの学習法だからです。

研究者が推奨している入門書を手に入れて、英文の文体を学び、TOEFLのライティングで自ら使いこなせるように英文を書いてみるのです。

スピーキングは英米の政治家のスピーチを手本に論理展開を構成する

英国のチャーチル、米国のリンカーン、ケネディの3人が話した内容が一里塚です。

チャーチルは書いて、話して、実践した政治家で、自らが著した文書も残っていてイギリス的な発想を学ぶことも副次的ではありますが、有益な体験となるでしょう。

リンカーンは推敲を重ねた高尚なスピーチで知られていますが、庶民的な演説も現存し、スピーキングの教材として役に立ちます。

ケネディの演説はアメリカ的な話し方を体現しています。欧州と対極で、TOEFLのライティングにも効果的な英語での応答を会得できる機会となります。現代アメリカを理解するには資料が豊富な時代なのです。

同時に1960年代はケネディ演説で心を動かされた世代が多くの魅力的な作品を紡ぎ出している世代でもあります。多面的な考察にも向いていて、格好の教材なのです。

まとめ

TOEFLスコアを110点まで上げるには英語を科目として捉えるのでなく、最先端の学問へアクセスする手段として取り組む考え方が理にかなっています。

Views: 50

タイトルとURLをコピーしました