TOEFL iBTでスコアを上げる勉強法

___[記事にはプロモーションが含まれます]
TOEFL

英検1級に合格してからTOEFLテスト対策をするのが堅実です。小学生、中学生では英検準1級合格の後に学習をスタートすると短期間で成果が出やすいです。インターナショナルスクール在籍の小学生は英検2級取得後にTOEFLテストの学習を始めると良く、帰国子女は英検準1取得後が適切。

TOEFL iBT 関連ページについて

試験をTOEFL® writing(ライティング)で高得点を実現する解き方で詳しく述べています。

スコアを上げる学習法についてTOEFL 110点を超える学習法で説明しています。

英検1級合格者のTOEFL勉強法

スピーキングとライティングがTOEFLでは重視されます。ライティングに絞って対策するのが最もスコア上昇に貢献する学習の仕方です。

英検1級に合格している時点でスピーキングは高水準に到達しているので、TOEFLテストの形式に準拠すれば点数は上がっていきます。重要な点はライティング対策を通じてスピーキングの対策も兼ねることです。

英検準1級合格者のTOEFL勉強法

英検1級とTOEFL対策を同時に行うとスコア上昇を早期に実現できます。TOEFLテスト対策だけに焦点を当てて対策をすると、意外と視野が狭くなってスランプに陥りやすいからです。

確かに、英検1級に合格してもイギリスの学校ではほぼ評価されず、アメリカでも入学の要件として認められないことが一般的です。米国でも一部の学校が英語力の基準として採用するに留まります。

一見、英検1級は役に立たなそうに感じるでしょうが、問題をじっくり解いて合格しておくと結果的にはTOEFLスコアが上がる効果を期待できます。問題で使用されている英文には強い関連があるからで

TOEFLのリーディングを丁寧に学習すると点数が上昇します。英文で進んでいく論の展開パターンが頭に入っていないのが伸び悩みの原因なので、英文読解の精度を上げることが効果的だからです。

英検2級合格者のTOEFL勉強法

英検2級に合格して直ぐにTOEFL対策を本格化するのが海外大学を目指す場合の一つの勉強法です。学校でTOEFL対策をすることが増えているので、十分に可能です。

リスニングを深く対策すると効果的です。英語の聞き取りが曖昧になってTOEFLの答案全体があやふやな論理展開の英文になってしまうのです。英文をしっかり理解した上で、放送された文章の論理構成をしっかり把握できるように練習するとスコア上昇に結び付きます。

他に、英検準1級、英検1級と並行して対策をする学習法もあります。回り道になるように思えるでしょうが、レベル別に英文を読んで学習できる観点では総学習時間を圧縮できる勉強の仕方です。

インターナショナルスクール在籍者のTOEFL勉強法

英語の解説書を読んで理解できる場合はTOEFLのみ勉強して目標スコアに達します。日本語の解説を読むと混乱して勉強が捗らないタイプのお子さんについてです。

帰国子女のTOEFL勉強法

海外滞在歴4年を超えるとTOEFLだけ勉強した方が親和性も高く確実です。日本語が覚束ない方も珍しくないので。

帰国子女だけど日本語で解説を受けないと問題の正答率が向上しないお子さんの方が多いのが本当のところで、情報の認識を日本語で行っているからなのでしょう。日本語の解説が掲載されている問題集で学習した方が挫折しないで済みます。

TOEFL ライティングの勉強法

ライティングにはintegrated writing とindependent writing の2通りの出題があります。

Integrated writing が手こずる問題で、リスニング音源を聞いて、英作文の問題を解く形式だからです。あらかじめ問題用紙に記載されている設問を読んだ上で、放送内容を聞き取って、紙情報と音声情報を対比させながら英語で答えを書く問題だから難しいのです。

詳しくはTOEFL® writing(ライティング)で高得点を実現する解き方で説明しているので読んで頂ければ解き方を理解できることでしょう。

まとめ

TOEFLの勉強法を、英検から横に展開する方法、インターナショナルスクール在籍者の学習法、帰国子女の学習法に分けて説明しました。

総学習時間とスコアが必要な時期の2軸で解説しているので、上手く両者の釣り合いを考慮して目標スコアに到達されることを願っています。

Views: 102

タイトルとURLをコピーしました