TOEFL 95点を超える学習法

___[記事にはプロモーションが含まれます]
TOEFL

TOEFLで高得点を獲得するには英文の論理構造を理解するのが短期スコア上昇への近道です。英語の接続詞の使い方を正確に理解することで得点が上がります。

「譲歩」を表す接続詞に注意して英語に取り組む

順接の接続詞を読み飛ばしても英文パラグラフの大意を掴むことは可能です。作者が言いたい事を繋ぎ合わせて文章を読んでいけば論旨を外さずに末尾まで辿り着くことができます。

TOEFLテストの配点で95点レンジでは「譲歩」の接続詞に関連した設問をしっかり得点することが不可欠になります。

  • Though
  • Although
  • It is true that ~.
  • I must admit that ~.

「逆説」を表す接続詞の例外的な用法をマスターする

一般的には逆説の接続詞を丸で囲って、その後に筆者の主張が来ます。例外的な用法とは、一般論の中に逆説の接続詞を配置して、詳細な議論を展開する場合のことです。

一般的な用法、逆説の接続詞を1回だけ使用した典型的な論理展開の例

People around the world believe the United Kingdom has cloudy weather nearly every day. However, this is not the case. In August, the Britons experience bright sunshine and heat. Therefore, the general belief that citizens of the U.K. are forced to bear weather full of clouds hanging from the sky is not a correct understanding of British weather.

例外的な用法、逆説の接続詞を複数使用することで複雑な議論を展開している例

Roman culture can dominate a large portion of the Western culture. Especially in the fields of natural science, math and engineering, the roots of modern knowledge are found in the Roman era. Contrary to this common belief, some people point out Greek culture to be the seeds of modern Western culture. In spite of this view, the majority is on the Roman origin. However, most people would agree without exception that Greek culture partially had been inherited to Roman culture thus passed on to the present world.

意図的に段落分けをせずに文章を書いているために、読者には手間がかかりますが、逆説の接続詞が繰り返し出てくることで英文が読みづらくなっています。

逆説の接続詞を複数複数使用した複文類似の構造を上手く見抜くことが95点を超える秘訣です。

TOEFL リーディングとリスニングの論の展開に着目して練習を重ねる

英文の読解と聞き取りには内容に対して、思い込みを排除して素直に読み取ることで満点を得ることができます。

スピーキング、ライティングには自分の言葉でまとめて表現するプロセスが要求されるので、本来の実力を備えているのに得点に現れない要素を排除しきれない懸念があります。受験生に同情の余地が生じるのです。練習で本来の英語力とテストの点数が一致するように差分を埋めていくのですが、口述、記述で、それぞれ回答するために満点は難しいのです。

リーディングとリスニングは単方向の理解度確認テストなので、論の展開に集中して満点を狙うことが十分に可能です。合計スコア95点に到達する大きな原動力となります。

まとめ、記号で解答する読解と聞き取りで得点を上積みする

TOEFLで95点を確保するには記号解答のリーディングとリスニングの得点力を上げるのが短期スコアアップに最も効果的です。

読解と聞き取りに取り組む際に「譲歩」と「逆説」の接続詞が英文中で果たす役割に注目すると学習効率が格段に向上します。

Visits: 34

タイトルとURLをコピーしました