慶応湘南藤沢中学 帰国入試

___[記事にはプロモーションが含まれます]
慶応湘南藤沢中等部

慶応湘南藤沢中学 帰国入試

英語受験で合格するコツ

essay writing で語数を満たすと同時に対策に時間を掛けないこと

真実は essay writing 50分の方が、入学試験としては合理的なのですが、入学後のことも考慮して試験形式が変更されています。

自由英作文の完成度で入学後の成績が予測出来る反面、テクニックを駆使して見目鮮やかな答案に仕上げることが可能なのも事実です。

そこで、自由英作文の配点比率を下げたのです。

ところが、新しく、攻略法が誕生してしまいました。

読解、文法、単語の3つの出題領域は攻略が容易なので、高得点が出やすくなっているのです。少なくとも、親にとって、保護者にとって、直接、子どもに教えることが可能になったという隠れたメリットが新たに生じました。

国語は200文字作文が難問

作文を毎回、塾の授業で書かせるのが、最も効果的です。解説は児童が必要としていないので、コツ、配点箇所、書けないときのスランプ脱出法の3つだけ情報提供すれば、各回25分だけで、合格答案に仕上がります。

算数は時間配分を徹底練習

時間配分を徹底して訓練して、算数そのものの説明をゼロにするのが最短コースです。

Views: 254

タイトルとURLをコピーしました