慶応湘南藤沢中学に帰国子女が合格する対策授業

___[記事にはプロモーションが含まれます]
慶応湘南藤沢中等部

慶応湘南藤沢中学に帰国子女が合格する対策授業

帰国子女が慶応湘南藤沢中学に合格する方法は以下の2通り。

英語、国語、算数の3教科入試に合格する

国語、算数、理科、社会の4教科入試に合格する

英語を含む3科目入試の特徴と対策

英語の特徴
自由英作文15分

Writing 15分が書きにくいです。中学受験をする12歳でなく、高校受験レベルの問題、15歳レベルの問題が出題されている年度があります。

確実に、解答欄を英文250語で埋められるように練習を積みます。

語彙、読解、英文法、リスニング

記号で答える設問で構成されているので、受験生は楽観的な態度で解いています。

しかしながら、練習によって正答率を上げることが十分可能な設問で出題されているので、問題の傾向をしっかりインプット出来るように対策授業をしていきます。

国語の特徴

中学受験 国語の王道の読解問題ではありません。父親、母親世代が解いたことがある形式の哲学的な文章を読んで、本文の内容への理解を問う設問に答える問題ではありません。

むしろ、ライトな読解問題と作文問題200文字を組み合わせた問題です。読解問題は難解な語句を知っていると高得点が出るタイプではなく、文章の背景知識が得点に直接影響する問題です。

授業では、3科目入試の受験者には失点をしない解き方を練習させます。英語と共通する背景知識を生かした解き方を練習します。

算数の特徴

読むのに時間がかかる文章題、見慣れない図形が与えられた問題の2通りの問題が中心を構成します。

文章題は日本語の理解力に合わせて、解く問題と捨てる問題に分類して、教えます。入試までの残り時間に応じて、練習の仕方を変えれば学習効率を維持出来、かつ、合格点に達することでしょう。

4科入試、国語、算数、理科、社会の特徴と対策

国語の特徴

上述の3科目入試と同じ問題です。ところが、4教科受験の児童には異なる解き方を練習させています。

オーソドックスな本文中に根拠を求めて、緻密な答案を書く解き方を指導しています。

国語の問題文の正確な読み取り、行間の意味の拾い方、細部の解釈の補い方をしっかり教えています。

算数の特徴

文章題は典型問題が多くなります。確かに3教科型の受験生と同じ問題を解くのですが、やや理科、社会も含めて対策をしている受験生が高得点をとりやすくなります。

そこで、基本問題に還元、分解して、解き方への理解度を確認する授業をしていきます。平素、算数の学習に時間をかけている児童を念頭に、知識の整理にも時間をかけた授業で得点力のさらなる向上を狙います。

理科の特徴

データ、実験の背景、結果の分析、3つのうちのいずれかの要素を変化させた出題をして、受験生の真の学力を見極める出題があります。

視点を工夫した解説と資料提供で、対策をします。

社会の特徴

教科書、小学校のテキストの範囲を超えない出題が80%を占めるので、確実に基本問題で正解を確保し、残り20%の応用問題でも得点出来るように問題練習をします。

Visits: 251

タイトルとURLをコピーしました