慶応湘南藤沢中等部 英語入試 essay writing の対策

___[記事にはプロモーションが含まれます]
慶応湘南藤沢中等部

敢えて書きにくい問題を出題することもある英語のエッセイライティングの出題を対策しています。

慶応湘南藤沢中等部 英語入試 essay writing の対策

英語入試 essay writing、ライティングが最も点差がつく問題の一つです。合格者と不合格者の答案の質に大きな違いがあるのが最大の要因です。以下に分析と対応を書いていきます。

合格者の答案 特徴と早期攻略の方法

合格者の答案は文法ミスがない、ミスゼロ

文法ミスがほとんどなく、完成度が高いのが特徴です。一方、不合格者の答案はやや文法ミスが気になります。合格者は2箇所、不合格者は4箇所の文法ミスが平均してあります。

発想がユニークな答案が合格者に多い

問題難しいので、個性を答案に出すのが簡単でないのですが、どういうわけか、違いを答案に出せていて、採点していて不思議です。

小5で合格水準の答案に到達するのが秘訣

自由英作文、英語のライティングが小5で完成している児童が大半で、小6になると解答の幅を拡げるために時間を割いている受験生がほとんどです。

早期完成がポイントなのでしょう。

入試の直前25日で英語で逆転するための対策授業

入試対策は開始時間まで続くのが、実際で、前日であっても劇的な進化を遂げているものです。上に述べた内容を、小6の1月下旬でも、何ら変わりなく、取り組んでいます。

気付いたら、向上が可能なので、自分のペースで腰を据えて、取り組むように指導しています。

Visits: 419

タイトルとURLをコピーしました