総合型選抜入試に合格するには塾に通うと有利な理由7つ

___[記事にはプロモーションが含まれます]
大学受験(推薦入試)

推薦入試の合格者に優秀な学生が流れていて、大学側は既に就職市場においても推薦合格者が企業側から高い評価を得ている情報を得ています。入社後の活躍まで大学側に情報が届き始めています。入社後の伸びしろがある潜在能力が高い学生確保の動きに乗り遅れないための方法、総合型選抜で合格する方法について。

総合型選抜で合格するには塾に通うのが最も効率的な理由を説明します。【総合型選抜専門塾AOI(AO推薦入試専門)】

塾に通うと総合型選抜での合格者レベルを知ることができる

推薦入試で最も大きな不安は合格基準が不明瞭な点です。一般入試だと62%、低い場合は51%とボーダーが具体的に分かるので受験生は対策しやすいのです。

総合型選抜の困ったところは合格基準が点数や評定平均で明示されていない独特の性質にあります。塾に通って対策をすると合格水準に到達する指導を受けることができて安心です。

ライバルの出願戦略を知ることができる

過去の合格者レベル情報を得られることと同様に有益なのがライバルの出願戦略情報です。

同じ年度に受験するライバルの出願動向情報は合否に大きな影響を与えるため貴重で、しかも、なかなか手に入りにくいのです。総合型選抜の対策をしている塾では受験生の出願動向についても外に出ない情報を持っています。最新の情報は身近な生徒には伝える時間がありますが、外部に伝えている時間が不足しているのが原因なのです。塾に通って対策をすると圧倒的に情報量の面で有利になってしまいます。

自分の対策が間違っている時に指摘をしてもらえる

推薦対策で怖いのが間違った努力をしている場合です。出願書類の書き方を根本的に間違えているのが最多の間違いです。次いで、面接での応答を間違うケース。3番目に自己アピール文、提出が必要な小論文の書き方を間違えている受験生です。塾に通って対策をすると間違った方向に進んでいる時は瞬時に軌道修正をしてもらえます。

総合型選抜の準備には平均して2ヶ月かかります。準備のピークは7月、8月で仮に塾に通わずに自力で不合格者の典型的な対策に陥ってしまうと、9月、10月まで食い込んでしまう悲劇に見舞われてしまいます。

対策塾では受験生が合格できる24時間の見守りがあります。

困ったときに質問対応をしてもらえる、アドバイスも得られる

総合選抜の対策をしていると疑問、分からないこと、質問、相談してみたいことが大量に発生します。学校の先生に質問できるのは授業がある日に限られます。授業の前後に、質問をまとめて回答してもらうのですが、定期テスト前や成績評価の前、夏休み中には相談できません。

塾に通っていると、質問対応を瞬時にしてもらえるのが大きなメリットです。

総合型選抜入試に特有の情報を提供してもらえる

受験生が総合型選抜の情報を完璧に集めることは不可能です。大学の数が多いので、網羅的に情報を集めることは困難です。同じ大学の同じ学部でも毎年、コロコロ制度が変更されるからです。仮に、同じ要項が続いているとしても、受験生の動向が年度によって大きく変動するのです。塾に通って、少なくとも入試情報の提供を受けた方が良いです。

出願までの効果的なスケジュールを教えてもらえる

標準的には総合型選抜の対策には2ヶ月かかります。自己分析から始めて出願書類を全て書き終えて、面接対策、小論文や提出論文の準備には60日かかります。

微妙なロスタイムを削れば30日で全てを準備できなくないです。塾に通うと時間配分を最適化してもらえるので、効果的な時間利用が可能になります。出願までの最適なスケジュールを教えてもらうことが出来ます。

教材形式で対策の立て方を学ぶことができる

推薦の専門塾では合格に向けての体系化された教材が用意されています。推薦での合格のみに絞った教材で合格者が辿った流れに沿って対策できるのが強みです。

まとめ

総合選抜入試の対策には塾に通うのが効果的です。出願書類、面接、小論文や基礎力テストの3つの要素を手際良く準備して合格を勝ち取るには合格に必要な情報を入手して対策するのが最も有利です。

60分の無料カウンセリングが用意されているのでまずは無料カウンセリングを♪【総合型選抜専門塾AOI(AO推薦入試専門)】で相談してみると合格に一歩近付くことでしょう。

Visits: 3

タイトルとURLをコピーしました