FXで経済指標に詳しくなって社会を得意にする

___[記事にはプロモーションが含まれます]
資産運用

大学受験で合格率を高めるには社会が得意科目だと有利です。では、何を勉強すれば、社会を得意科目にできるのか?

経済指標に詳しくなると、社会科への興味が深まります。例えば、FXに政治と経済が及ぼす影響を理解することで、現代社会に関心を持つ契機になります。

入試で隠れ重要科目の社会科にリアリティーを、為替変動への造詣を深める

社会科に対する関心が強いと入試に強くなります。経済の影響を文学であっても、数学であっても多かれ少なかれ、受けます。現実感覚を養うのに最適なのが為替相場を例にして、学習すること。

例を簡単にして、現代社会でのiPhone価格を国別に検討すると、理解しやすくなります。学年によって、為替レートを簡便化し考えると、リアリティーが出て、分かり易くなります。

他には、マクドナルドのチーズバーガーで説明する方法も有名です。セットで注文したときの価格を国別に算出して、為替換算してみます。

さらに、変動相場制で日々の経済を捉えてみます。為替レートの換算で計算をDMM.com証券のFX取引サービス【DMM FX】で正確に求めると、煩雑な計算を回避できて、学習内容に集中できます。

為替レートがGNP、GDPに与える影響を学ぶ

国際取引だと日常生活を超えてしまい、実感を得られないお子さんもいます。容易に理解できるように、為替レートがGNP、GDPに及ぼす影響を考察すると良いです。

特に、小麦や牛肉の価格変動を例に、輸入によって、スーパーでの小売り価格が変動することを通じて、為替レートのインパクトを考察します。

為替相場が貿易収支、製造業、金融に及ぼす影響を理解する

国別の為替換算価格を理解し、国内物価に変動をもたらす可能性を把握した後に、詳細に学びたいのが、貿易収支、製造業、金融に連鎖的に変化をもたらす為替相場の動きについてです。

政治も世界経済に影響されることを学ぶ

一通り為替と経済の関係について学んだ後に、世界経済が政治の変化の引き金になりかねないことを知ると全ての学問分野への造詣を深めることができます。

難度をぐっと上げて、中南米やアフリカの経済が日本での暮らしに直結することもメキシコペソや南アフリカランドも!通貨ペアも充実の【DMM FX】!でマイナーな通貨を研究して体感できます。


まとめ

為替レートを一つの軸にして社会を得意科目にする学び方について述べています。

スマホ、タブレットで換算額を求めるとともに、応用的な学習として【DMM FX】について詳しくはこちらで確認して上で、アプリを利用して現代の経済について学習します。コンピューター化された現代社会では高速取引化していることを学ぶことにも意義があることでしょう。

Visits: 4

タイトルとURLをコピーしました