マネーフォワード ビジネスカード、利用限度額なし法人カード

___[記事にはプロモーションが含まれます]
資産運用

ビジネスカードの審査を面倒に感じている法人、与信枠が少なく他社との取引に手間取っているなら法人カード【マネーフォワード ビジネスカード】は便利です。

マネーフォワード ビジネスカードは審査なし、最短即日発行で早い対応

プリペイド式のビジネスカードなので入金残高が利用上限であることがマネーフォワード ビジネスカードの特徴です。

スピード重視で与信審査なし【マネーフォワード ビジネスカード】は即時承認が最大のメリット。取引にクレジットカードが必要な時に便利です。

多品種少量の商品、製品を低価格で販売している業種、もしくは多種類の原材料を複数の業者から仕入れている場合はビジネスカードで決済を高速化することで販売価格を下げ、仕入れ価格も下げることが可能になります。

困るのはビジネスカードの審査は銀行系だと時間がかかって遅い上に、仮に審査に通ったとしても与信限度額が低く設定されることです。

特に取り扱い品目が多い業態の場合は資金の回転速度を上げるにつれ事業規模を拡大して利益を十分確保できるために迅速な承認と、取引開始ができる法人カード【マネーフォワード ビジネスカード】は魅力に満ちています。

マネーフォワード ビジネスカードの発行枚数上限は?

無制限で上限設定はありません。万一、発行希望数が申し込み希望の法人規模よりも多過ぎる場合は制限が加わることもあります。

経費の精算をスピーディーに行うことが可能になります。加えて、カードを社員一人につき一枚発行できて、時間がかかる小口現金取り扱いのゼロ化を実現できます。

マネーフォワード ビジネスカード発行手数料は?

無料。リアルカードは2枚目以降900円+税(送料込み)。バーチャルカードは2枚目以降も無料。

マネーフォワード ビジネスカード チャージ方法

3通りのチャージ方法があります。コンビニ、銀行のATM、インターネットバンキングから入金用口座に入金するとチャージが完了します。

マネーフォワード ビジネスカードの還元率は1~3%、一部還元できないサービスあり

還元率が3%なのが、マネーフォワード ME、マネーフォワード クラウドの2つと、STREAMED、Manageboardの2つのサービスです。

基本は1%還元がマネーフォワード ビジネスカードで、0.5%が法人税、地方税、所得税、消費税です。

他に0%の取引があり、Suica、Pasmoの交通系、Revolut、TOYOTA WALLET、他のプリペイドサービスであるKYASH、バンドルカード、MIXI Mはポイント還元対象外です。

まとめ、マネーフォワード ビジネスカードは会計処理の高速化を実現

審査なしで即時発行が可能なマネーフォワード ビジネスカードを導入することで煩雑な社内の現金精算を減らして会計処理を速く終えることができます。

経営に役立つ会計データを即座に入手できるメリットは大きく、ビジネスチャンスを掴むのに最適なツールです。即時発行が可能は法人カード【マネーフォワード ビジネスカード】でビジネスを加速できます。

Visits: 18

タイトルとURLをコピーしました