インターナショナルスクール生への授業(月額91,200円、入会金35,800円)

___[記事にはプロモーションが含まれます]
国内インター

インターナショナルスクールに在籍した後で判断を迫られるのが進路の問題。海外大学、国内大学にインターに在籍したまま合格して進学される方が一般的です。近年は途中で他の学校に転学する方も広く知られています。多様な進路に必須なのが学校の成績、インターでの成績なので上げ方についても説明します。

インターナショナルスクールの多様な進路サービスを提供

海外と関わりを持たずに生活するのが困難になるにつれてインターナショナルスクールでの就学経験の利点が注目されています。在籍者が増えているけど、進路サービスを提供できる塾が無いに等しいのが新たな問題となっています。

多様な進路を実現するサービスの提供がインター在籍の過程に資すると考えています。

インターナショナルスクール合格を目指しての受験対策

受験生の筆記試験、英語面接が不安なのは当然です。もっと心配なのが保護者への面接です。受験生への対策は言うまでもなく、保護者に対して情報提供をしています。

大学受験対策をインターナショナルスクール在籍者に

海外大学への合格を目指して対策を進めるときに情報収集が雌雄を決する要因になります。アメリカ、イギリス、オーストラリアの3ヶ国に人気が集中します。レアな情報を集めて最適な判断をする体制作りが重要になります。受講生の興味、関心を日頃から正確に把握して、受験生と同じ目線で進学先のリサーチをして情報を提供しています。

国内大学の合格を目標することも少なくありません。海外への一年留学を組み合わせて日本の大学に進学する計画にも魅力があるからです。特に日本語での小論文対策、日本語面接の対策を重点的に行います。

インターからの転校、ボーディングスクール進学対策

15歳から海外のボーディングスクール進学をする進路には歴史があり、行先も多岐に渡ります。アメリカ、イギリス、スイスが三大人気です。他にもオーストラリア、カナダが検討候補として挙がります。

英語面接、エッセイライティング、学校によっては数学の学科試験が課されることもあるので対策をしています。

中学受験をインターナショナルから目指す対策

英語の試験があるのが共通です。インターのネイティブ教員は中学受験の対策については業務の範囲外なので塾や家庭教師について対策することになります。

中学受験で出題される英語の問題は難しいです。受験生が解けていない問題も少なくないのですが、上位の受験生だけで集計すると正答率100%の問題も数多くあります。

12歳時点でハイレベルな英語力を身に着けられるように対策授業をしています。

まとめ、インターからの多様な進路サービスを提供

インター向けの学習サービスがあると安心できます。合格、進路変更の2つを重点的に、学校での成績も確保できるように指導をしています。

Visits: 25

タイトルとURLをコピーしました