GMO レンシュ、教室の受講料決済と連絡ツール(月額4,378円)

___[記事にはプロモーションが含まれます]
ウェブサイト運営

絵画教室、野球、サッカーの受講料をGMOレンシュではオンライン決済できます。月額の変動、追加授業の設定も自由で、保護者とのLineでの連絡機能も完備されていて会員にとって便利です。

生徒募集、会員募集が好調なスクール運営者は受講生の立場で講座を設計する特徴があります

運営が好調なスクール運営者に共通するのが受講者にとって便利なシステムを導入していること。同時に運営者にとっても使いやすいネット環境を選択する傾向があります。

受講者にとって便利なスクールの仕組み、システムから説明を進めます。生徒と保護者にとって通うのに便利なスクールが最終的には運営者にとっても魅力的な組織になることを理解頂けることでしょう。

受講料の決済ツールを導入して実際の指導時間が短くなる短所を克服;会員の満足度向上に

月謝袋で受講料の支払い管理をすると最も困る点を挙げると指導時間が圧迫されること。サッカー、野球といったスポーツから、ピアノ、フルートの音楽教室、英会話や補習塾の授業料を手渡しで管理すると肝心の授業時間が削られてしまうのです。

全員を銀行振込、郵便振替にすると、最近では、家の近所に金融機関がなくて困ることが増えてきました。特に銀行、信用金庫が支店を削減して、身近な金融機関が減って面倒な場面に遭遇することが多くなってきています。

郵便振替も気後れする時が少なくありません。名前で呼ばれると知り合いに会ってしまって、特に忙しい時に気まずい思いも・・・

教室、チームに通う利用者はコンビニ払いを好む傾向が強い

生徒、メンバーを増やすにはターゲットを広く設定することが効果的です。例えば、小6までに漢字検定3級を取得できるように指導します、は効果的なキャッチコピーです。

スポーツの場合は、野球やサッカー、テニスを通じての健康な体作り、定期的な運動を提供します、といったチームに参加するメリットを前面に打ち出してのメンバー募集です。

生徒の増加、メンバー勧誘の場面で、体験レッスンを開催するときに参加者と保護者側にとって気になるのが、強引な勧誘をされないこと、入会を自由に決められること、時期を自由に選んで参加できること、の3点です。

端的に自由な教室、チームを感じる契機が受講料のコンビニ支払いが用意されていることなのです。コンビニ振込を採用すると見込み客にとっては入会時期を自由に設定できるので、心理的なハードルが下がる効果があるのです。決済方法にコンビニ払いが含まれていると受講生は2倍に増えます。

GMO レンシュ、カード決済、コンビニ払い、口座振替を自由に選べる支払い方法

気軽な連絡ツール、Line が習い事参加者にとって質問しやすい利点とは?

メールで生徒、メンバー、保護者と運営者が連絡をとるのは実に手間のかかる作業です。

実際に、人気校に受験して合格したママから私が実際に聞かされた体験談では、講師に送信するメールは念入りに推敲して作成した上で、4回も、5回も見直しして、やっと「先生」に送信するのだそうです。

メールを送ると決意して、送信ボタンを教え終えるまで、2時間がかりの作業です。

Line で真面目にコミュニケーションを取り入れてゴチャゴチャして失敗。

要件だけLine で伝えて味気ない画面になって、再び失敗。

画面が見やすい GMOレンシュの Line で気軽に質問をしやすい雰囲気でお子さんの勉強、演奏、運動も効率良く、はかどることでしょう。

GMO レンシュ Line で受講生と連絡ができる機能

生徒の保護者が最も気乗りしないのが欠席の連絡、ワンクリックで振替できると便利

ある程度の受講生を確保できると次に課題になるのが欠席の事務処理です。生徒側にとっては振替が簡単なスクールの方が通いやすい面もある一方で、決まった曜日の決まった時間に実施される習い事の方がむしろ成果が出やすい面もあります。

問題は欠席するときの連絡なのです。保護者と受講生本人の両者にとって欠席連絡は、億劫で憂鬱な作業なのです。運営者にとってはハードルが低い欠席連絡の方法を用意しておきたいものです。

GMO レンシュではワンクリックで欠席連絡できるシステムになっています。同時に、振替の申し込み、次回の授業申込もワンクリックで済ませることが可能な仕組みになっています。

欠席連絡をするのは保護者にとっても心理的な負担が大きいので、ボタン操作だけで、次の受講に向けてスケジュール調整できるのはとても助かるものなのです。

GMO レンシュ 欠席の連絡機能

お知らせ機能

さりげなく受講生に情報提供をするのが生徒増加のコツです。受講生が増えるのはスクールに通うことで役立つ情報を入手できるからです。

難しいのは特定の生徒に、貴重な情報をピンポイントで届けることです。一斉配信は低価値の情報を垂れ流す傾向が強いので、運営力の高い経営者は受講生の中から対象を絞って情報を届けます。お知らせ機能には送信先の絞り込みが充実しているので、ターゲットを絞った情報提供を実現できます。

GMO レンシュ 教室からのお知らせ機能

最後にシステム利用料がお手頃であること、運営者にとっては重要な部分

月額利用料、決済手数料、振り込み手数料の3点が運営者にとって重要です。特に、月額料金が定額制であること、つまり、生徒数比例しないことが重要です。

一般には生徒一人当たり月額500円を平均として、生徒の人数に応じて基本料金が決まるシステムが多いです。受講生の数に比例する料金の場合、スクールの充実は意外と難しく、投資をして利用者にとって通いやすい仕組みを構築するのが難しくなります。生徒数の増加に応じて費用もかかるからです。

対照的にGMOレンシュのように1教室当たりの課金だと生徒数が増えるにつれて、教材の改善への投資、用具や楽器への資金投下が可能になり、さらに受講生が増える好循環になりやすいのです。

月額料金が固定制のシステムを採用した方が運営を安定させることができます。

GMO レンシュ、月額料金と決済手数料

まとめ、GMO レンシュは定額の月額利用料で、連絡機能が充実しているシステム

習い事の運営システムは生徒にとって負担が少なく、コミュニケーション設定が細かく用意されているものが便利で短期的には受講生にとって使い勝手がよく、長い目で見れば、運営側にとってメリットが大きいです。

30日間の無料おためし期間もあるGMOレンシュでは気軽に始めてみることが可能です。

Visits: 5

タイトルとURLをコピーしました