洗足学園 帰国入試A方式、英語の筆記試験で高得点を狙う授業

___[記事にはプロモーションが含まれます]
洗足学園、帰国入試、英語のみ

A方式は英語の筆記試験と面接の2つで合否を決するものです。他の科目は一切ありません。キッパリした試験ですね。英語のみ。

小6も10月となると模擬テストの結果に一喜一憂のようです。帰国入試においては、模擬テストの結果を鵜呑みにしている受験生は皆無でしょうから、淡々と受験対策をすることになります。

学校によって、帰国入試は問題の傾向がバラバラ過ぎて、かつ、受験生の数が相対的に少なく、データで語るのが難しい困難があります。

そういえば・・・

研究生活で、データの選択の難しさについて、熱く語っていらっしゃった大学の先生の存在を思い出しました。

模擬テストも、ある意味では、データの選択、分析、解釈の作業なので、「選択が困難」な事例の一つに含まれるのかもしれません。さて、事実は如何に・・・

講師の私は、データの良い点を褒め、悪い点は静かに一瞥して、児童が帰宅した後に、手持ちのデータと照合して、原因を追究します。

ほとんどは、「緊張していた」という微笑ましい原因で、得点が伸び悩んでいるに過ぎませんでした。勉強時間を増やすと点数が上がるわけでもなく、解決は、なかなか難しいです(苦笑)。

さて、洗足学園A方式。

筆記試験だけで合格点を狙いにいきます。面接の練習は直前で間に合うんじゃない?

Views: 118

タイトルとURLをコピーしました