攻玉社 国際学級 国語の得点力を上げる勉強の仕方

___[記事にはプロモーションが含まれます]
攻玉社、国際学級

読解問題で高得点をとることが合格の秘訣。

攻玉社 国際学級 国語の得点力を上げる勉強の仕方

問題演習、最新の過去問で国語を解くと有益

大手塾のテキスト、対策講座でも意外と受験生に役立っていない場合があります。塾の先生が怖いのが原因みたいです。

過去問を解いて練習した方が実践感覚が身に付きます。

世田谷学園、成城中学校、サレジオ中学校、浅野中学校の4校の過去問で練習して得点力を向上

具体的な学校名を4つ挙げておきます。解くのに3ヶ月かかりますよ。他の科目もありますから。

評論、物語の両方に対応出来る実力を養うこと

出題は固定されていないです。評論が出たり、物語が出たり。読解問題は1問だけの出題が通例です。

評論、説明文は偏りのない知識を持つこと

苦手なタイプの文章がある児童が多いです。感情移入しやすいのでしょうか。

原因はさておき、満遍なく得点出来るように練習させるのがコツです。

物語、小説は現代、明治と大正、江戸時代の3つに分けて問題演習すること

江戸時代だとムリ、とか、大正デモクラシーの自由な雰囲気はぁ? なんてことは頻繁に起きます。対象以降は映像が直ぐ見れますから、ネットで、イメージさせやすいですよ。

Visits: 149

タイトルとURLをコピーしました