市川中入試 英語リーディング問題に精度の高い対策が必要な理由

___[記事にはプロモーションが含まれます]
市川中学校

大学合格実績で注目を集める市川中学校。英語入試で合格するために対策学習をする必要と難易度が高い理由、解き方のコツについて。

受験生の英語力が高く、差が付きにくい

英語選択の受験生は高い水準で安定した英語力を身に付けています。英語の問題も受験生にとっての負担に配慮した出題なので、点差が付きにくくなっています。

上手く解けば、12点程度、英語でアドバンテージを獲得できるので、狙いたいところです。

問題を解く際の時間配分で得点が上下する

出題されている先生方は同じ難易度で問題を作っていると問題を解いてみて、感じます。

ところが、ちょっとした解き間違え、解き方の判断ミスが原因で得点が大きく下がることがあります。最も大きな影響要因は問題を解く際の時間配分を間違えてしまうことです。

時間をかける問題、とりあえず答えを書いておく問題の取捨選択の練習が重要になります。

問題の難易度の差が激しい、受験生の出来がバラバラ

ベテランの作問者でも、受験生の正答率を読み誤ることがあります。共通テストの平均点の報道が参考になりますが、どんなに経験を積んでも、最適な問題を作るのは難しいのです。

ましてや、小6の心理を考慮に入れて、問題を作るのは高度な技量が要求されます。

入試で何が起こっているのか?

設問によって問題の難易度の差が激しくなってしまいます。受験生の正答率も問題ごとに大きく異なります。

効率良く問題を解いて、得点を高く終える練習が有効な所以です。

まとめ

入試当日の高得点には受験生、解き方、問題の特徴の3つに習熟して臨むことが不可欠です。入試対策には丁寧な指導をすべく、繊細な授業を実施しています。

Visits: 103

タイトルとURLをコピーしました