アプリ開発のオンライン講座、短期でスキル習得可能

___[記事にはプロモーションが含まれます]
外部、プログラミング教室

スマホの普及に伴い、アプリ開発の需要が高まっています。スマホ単体でなく、アプリに価値があると認識している人が増加するに伴い、アプリ開発者の不足が深刻になっています。アプリ開発者は就職が好調、転職需要も拡大中、副業で取り組んでも報酬も高い。人気なのです。今後も仕事が増えていきます。

ところが、独学でアプリ開発を学習するのは、可能ですが、とにかく時間がかかります。かといって、スクールに通うのは時間と労力が大変です。でも、大丈夫。オンラインでアプリ開発を学べるスクールがあります。探してみみるとTechAcademy [テックアカデミー]が講座の種類も豊富で就職、転職、副業の3拍子揃った働き方に対応。テックアカデミー無料体験を申し込んでアプリ開発にトライしてみるのもおススメです。

Tech Academyはアプリ開発を学べるオンラインスクール

日本で需要が高いのがiPhoneです。iPhoneアプリコースでiPhoneアプリを開発すれば良質の顧客層にアプローチ出来るので人気が高いです。一方、Androidアプリコースを受講すれば、爆発的に伸びている利用者にアプローチできます。端末ごとにアプリ開発の講座が設けられています。

現役エンジニアがメンターとして学習アドバイスを提供

ほとんどのプログラミングスクールでは、講師は専任で、プログラミング開発をしません。教えるのはエネルギーと時間を要するので、プログラミング自体は疎かになってしまいます。時間がないですから。

Tech Academyでは、現役エンジニアが指導することで、仕事に就いたときに即戦力として働き始められるスキルが身に付きます。現役エンジニアから学ぶならテックアカデミーとして業界で定評があります。

比較対象としての説明ですが、講師を専門にしている人に習うと、実際の業務特有の慣例を新たに、働き始めてから学ぶ必要が生じて、面倒と言えば面倒なのです。


現役エンジニアに学ぶことで、実務に直結したアプリ開発を学ぶことができます。

Tech Academy は教え過ぎす、自力で解決することを重視

オンラインでアプリ開発を学ぶメリットは自分が知りたいことをピンポイントで教わることが可能になる点です。現役エンジニアのパーソナルメンターからマンツーマンで学べるので、必要な知識を、望むときに得られるのです。

就職、転職、副業プログラミングの各コースあり

大学生である10代から入学できるプログラミング・スクールなので就職にもってこいです。エンジニア転職保証コースもあるので、学んだ後に、転職することも視野に入れて入学することが出来ます。また、はじめての副業コースもあり、今の仕事を続けながら副業としてプログラミングの仕事を新たに始めることも可能です。

まとめ

アプリ開発に興味がある、もしくは、プログラマーとして就職、転職、副業をしたいけど、もっと情報が欲しい、という方には無料キャリアカウンセリングが用意されているので、現在の状況、将来の願望を客観的に見つめ直す機会として、利用してみてはいかがでしょうか。




Visits: 2

タイトルとURLをコピーしました