ボーディングスクール受験の対策を塾で実施

___[記事にはプロモーションが含まれます]
ボーディングスクール

英語で学び、英米の大学に進学するのが進路選択の幅を拡げる最善の方法です。寮生活を経験して、将来について思索を深めることが出来るのが最大の魅力です。英語面接、出願エッセイ、入試対策を行います。

スイスのボーディングスクール受験を対策

評価が最も高いのがスイスに立地する寄宿学校です。スイス系、アメリカ系の寄宿学校があります。入学するのが難しいと考えている方が多いですが、将来、自立した大人になりたいと思っているお子さんなら受け入れています。ある学校の校長先生と英語で教育方針について28分お時間を個別に割いて頂いて意見交換をしたのですが、素敵な先生で学びも充実していることに納得でした。先生ご自身は、茶目っ気たっぷりで、ちょっとしたジョークが品のある英語の言い回しなのです。

イギリスのボーディングスクール受験を対策

英国のボーディングスクールは歴史が長く、伝統に支えられています。近代以降におけるイギリスの発展を担う人材を輩出したとも言えます。

寄宿学校の種類は実に多様で、指導者層の育成で著名な学校を筆頭に、イングランド地方のある特定の地域を対象とした学校から、個人が運営する学校まで様々なタイプの学校があるのがスイスとの大きな違いです。

個人が運営しているボーディングスクールの中には家庭的で英国的な雰囲気を体験できる学校もあって時間をかけて探すと自分にあった学校を見付けることが出来ます。

アメリカのボーディングスクール受験を対策

中西部、南部、西部にもボーディングスクールがあります。対象年齢も13歳までの学校があったり、9歳までの学校もあるので、一般的なボーディングスクールへの印象とは異なる実像があります。

ニューイングランド地方に多数の伝統的なボーディングスクールが立地しているのは言うまでもありません。

オーストラリアのボーディングスクール受験を対策

豪州には公立の学校への長期留学が盛んです。短期も含めて、日本から留学する方が多く、受け入れ態勢も整っています。地方政府にも留学専門サポートの担当者が常勤で細かな手続きを手伝ってくれます。多くの行政側機関には日本人職員も在籍していて、日本語で済ませることも可能です。

知られていないのですが、オーストラリアにもボーディングスクールがあります。募集担当の現地職員が来日されていたのですが、ブースを参加者は避けていました。英語で相談するのは難しいので、他の日本人職員、日本人通訳が配置されているブースに人が殺到していました。37分話したのですが、本気で教育問題を英語で話すのは語彙が難し過ぎて、途中で私は言いました。

“Wait a minute. Wait a minute. Your vocabulary is too difficult for me to catch up with. Would you mind explaining in easier terms?”

すると、募集担当の先生はニコニコして返答を。

“I’ll write. I will write you an e-mail so that you can comprehend it.”

ニュージーランドのボーディングスクール受験を対策

ボーディングスクールとは感覚がやや異なりますが、寮を備えた学校があります。学校運営の制度が独特なので、寄宿できる学校をボーディングスクールとして紹介している情報は少ないです。

実態はボーディングスクールだけれども、知られていない学校があります。

日本国内のボーディングスクール受験を対策

ボーディングスクールは正確に訳すと、全寮制寄宿学校です。寮がある学校も含めると、全国に学校があります。全寮制の学校も各地にあります。

一般的にはボーディングスクールという言葉に対して、英語で学ぶ全寮制の学校をイメージする方が多いので、本稿では世間の捉え方に則って解説しています。

ハロウ安比

2022年9月に180人の生徒を集めて開講した学校。日本国内で開校したハロウスクール安比の入学試験科目は英語、数学、面接です。安比については、開校情報の2次引用、3次引用を含めて世間の認知度は極めて高い。

まとめ

本人の覚悟、学校選び、受験対策の順に重要です。大切なことは入学を希望する学校の担当職員と深く話して志望校を正確に理解することです。

受験対策はともかく、英語が話せなくても受け入れてくれる学校がほとんどです。数ヶ月で学校生活に完全対応させられる確信を根拠に、世界中の学校が日本人生徒の受け入れを希望しています。迷っているなら、挑戦してみることをおススメします。

Views: 33

タイトルとURLをコピーしました