ボーディングスクールで学ぶ準備としてのTOEFL iBT

___[記事にはプロモーションが含まれます]
ボーディングスクール

米国のボーディングスクールに入学する際にTOEFLスコアが必要なことが一般的です。アメリカの寮を備えた学校を深く調べると英語ゼロでも留学できる学校もあるので、英語力の条件は学校に異なります。本稿はTOEFL iBTスコアを高めて入学したいお子様と家族向け。

TOEFL95を目指す学習方法

原書の読み方がスコアに影響します。リサーチ文書に積極的に手を伸ばすこと、学術書を読む時間を中心に据えること、2種類の英語書籍を読むことが直接、TOEFL iBTテストでの得点向上に寄与します。

TOEFL80で停滞している受験生の得点アップ対策法

4つの出題区分でwriting の精度を上げることが近道です。短期で効果を出しやすいのが integrated task で、学習時間が長時間に及ぶ割りには得点上昇に手間取るのが independent task です。

問題中で提供される英文情報の構造化がポイントです。採点者の視点で考えてみましょう。標準的には3つ情報が与えられています。英語で3つの用語を探し出すことに注力するのです。採点者は3つの採点基準に受験生が言及しているか否かをチェックしていきます。なので、正確に3つの採点基準に合致した英文の答案を書き分けることが得点アップの秘訣になります。

TOEFL70でスコアを上げたいと切望している受験生の学習法

得点を伸ばすには reading 問題で正答率を上げると全体が底上げされます。スコアが伸びます。中盤に出題される英文読解の問題で高得点をとれるように練習するとスコアが上昇します。

TOEFL60で落胆している受験生に効果的な学習法

試験の形式に慣れていないことが原因です。5回対策問題集で練習を積めば直ぐにスコアが上昇します。

リスニング問題の解き方に工夫の余地があり、放送文の論理構造にパターンがあるので、論理パターンをしっかり頭に入れて問題を解くのがコツです。

受けたことがない場合の学習法

TOEFL100が大目標になります。理想は無料で、現実的には費用を抑えて大願成就を目指したいところです。

低廉に対策をするには英検1級まで順番に合格していくことが無難です。英検準1級までは難なく受かります。抽象度が高まる英検1級は不合格者が90%を超えるので、全受験者から眺めると難しいのですが、学習する教材を上手く選べば短期で合格できます。

高額になりますが、長期で振り返ると少額で済むのが、愚直にTOEFL iBTの対策問題を解き続ける学習方法です。

まとめ

アメリカのボーディングスクール受験で提出が必要な学校が多いTOEFL iBTスコアを上げる学習法について解説しました。受験経験がある方は得点のレンジを念頭に、重点的に対策するセクションを絞って学習すると点数が上がり易いです。

Visits: 13

タイトルとURLをコピーしました