葉酸サプリはいつから利用するべきか?

___[記事にはプロモーションが含まれます]
サプリメント

母親の胎内で成長する赤ちゃんには葉酸サプリが効果的で【ベルタ葉酸サプリ】が安心です。サポートがしっかりしているのが理由。早目の摂取開始が理想です。いつから飲み始めれば良いのでしょうか?

妊娠前のいつから葉酸サプリを飲み始めると良いか?

妊活を考え始めたら直ぐに葉酸サプリを利用し始めるのが最も堅実です。妊娠に気付いてから服用した場合、お腹の中の赤ちゃんに供給される葉酸に由来する栄養が少し不足気味になるのが心配だからです。

胎児に最も葉酸が必要とされる時期は妊娠初期です。次いで妊娠中期にかけて葉酸の摂取が理想です。厚生労働省は妊活中から妊娠初期に葉酸サプリ等で葉酸の摂取量を補うことを推奨していることからも妊娠を知ってからでも葉酸の摂取が望ましいです。

厚生労働省が妊婦に葉酸をサプリで摂取することを推奨しています。日々の生活で仕事、家事、買い物、掃除、洗濯で忙しく、健康について細かく考えている時間を確保することは極めて困難です。厚生労働省には忙しい生活の中で健康に関して注意喚起の情報を提供しているのです。

とは言っても、妊活を考える前に情報を集めて考える機会はあまりないと思うのですが・・・

ダイエットを始めようと考えて、体重管理、体調管理が気になって本や雑誌、病院、クリニック、ネットで様々な情報を収集していく段階で妊娠初期に葉酸サプリを通じて栄養補給をする重要性について偶然、知ることになることでしょう。

子どもが欲しいと思い始めたら葉酸サプリを飲み始めるのが安心です。

妊活に葉酸をサプリで摂取すると効果的な理由とは?

日本人の栄養状況調査では常に成人女性が栄養不足の状態にあると報告されています。女性は思春期を超えるとダイエット志向が強く、やせ気味体質であるとも報告書で指摘されています。

葉酸を例に挙げると、天然の葉酸を野菜から摂取すべき基準量を20歳以降、女性は慢性的に下回っていると報告書には記されています。

妊活を意識してから葉酸サプリで葉酸を摂取すると将来、母親になる女性自身にも効果的なのです。

妊娠に必要な葉酸とは?

妊娠するために葉酸が必要ではありません。12歳以上の女性は毎日240㎍の葉酸を摂取することが推奨されています。ほうれん草の小皿を毎食、摂取するイメージです。

葉酸が必要な理由とは?

生まれてくる赤ちゃんの生育初期に最も重要なのが葉酸です。妊娠初期の胎児の先天異常である神経管閉鎖障害の予防のため、妊娠前から充分に葉酸を摂取していることが大切です。

困った点が1つあり、実は葉酸を充分に摂取することが難しいのです。

必要な葉酸の摂取が困難な理由は2つあります。

第1に生体利用率が低いこと、つまり、たくさん葉酸を含む食べ物を摂取しても体内に葉酸として吸収されにくいことが挙げられます。

第2の困難は妊娠初期に大量の葉酸が胎児に必要なことを指摘できます。

妊娠の初期に葉酸を量で表すと?

表にしてみました。

12歳以上
(平時)
妊娠計画中
妊娠可能性あり
妊娠初期
食事の葉酸(㎍/日)240240240
サプリメント葉酸(㎍/日)400400
妊娠に伴い、追加で必要となる葉酸の一日当たり量(㎍)

食事を通じて葉酸を摂取すると仮定すると食べる量を約3倍に増やす必要があるのです。無理ですよね?

そこで、葉酸サプリメントを利用して必要量を補うことを厚生労働省が推奨しているのです。

妊娠の初期に葉酸をどうする?

栄養を大量に摂取しなければならない妊娠の初期に葉酸をどうやって体内に取り込むか頭が痛い問題です。ただでさえ体調が変化する中で、食事に気を遣わなければならないからです。

葉酸サプリは妊娠中 いつから飲み始めるべきか?

不思議なもので人間は自分の体を直感的に管理できるので、葉酸を摂取し始める時期を随分超えてから栄養バランスを整える必要性を知って落胆するのは取り越し苦労ですから、ご安心を。

自分の体に変化が起き始めると、無性に食欲が湧いて食べる、食べる、食べるものですから。あまりにも自分の体への異変に耐えられなくなり、病院に行って診断を受けるのでしょうけど、特に悪い結果にはならないものです。

充分に栄養を摂取できているものです。

とはいえ、妊娠初期から中期にかけて葉酸が大量に必要になるのは事実なので、気付いたら直ぐに葉酸の摂取に取り掛かると良いです。

葉酸の需要期;受胎後およそ28日に胎児の神経管がつながる時期

妊娠してから葉酸が最も必要になるのは受胎して約1ヶ月後です。葉酸の必要性に気付いた場合は妊娠28日よりも前に葉酸サプリを利用し始めると穏やかに過ごし易くなります。

葉酸を大量に摂取する習慣を確立しておきたいのが妊娠28日時点なので、少し早い時期に葉酸サプリの摂取を開始することが望ましいです。

葉酸サプリを飲み始めるのは妊娠の3ヶ月前からが望ましい

具体的な葉酸サプリの利用開始時期を提案すると妊娠の3ヶ月前です。サプリを毎日、飲む習慣を定着させ、体内に十分な栄養が行き渡るまでに時間がかかるのが理由です。

日常の食事で必要な葉酸を摂取するのは難しいと厚生労働省も認める

葉酸を日々の食事で妊娠初期に必要な量を摂取するのは困難です。厚生労働省も「難しい」とサイト上で記述しています。

葉酸を食事で楽に摂取するには?

例えば、玉露で葉酸を摂取するのが楽かもしれません。妊娠中はカフェインを控える必要があるので、お茶を飲みつつ、葉酸を食事から確保するのが堅実なのも理由として挙げられます。抽出液150gで225㎍の葉酸を摂取できるので、ほぼ一日の食事性葉酸の必要量を確保できます。

食べ物で葉酸の量を換算すると?

参考に日常の食事で必要な分量を表にしてみます。

食品1食の重量
(g)
1食の葉酸
(㎍)
100g葉酸
(㎍)
アスパラガス
(ゆで)
100180180
さつまいも
(皮むき、蒸し)
20010050
ほうれん草
(ゆで)
8088110
えだまめ
(ゆで)
8088110
白菜1006161
出典:サービングサイズ栄養量 小山裕子他 第一出版(2011)

葉酸サプリの効果はいつから始まるのか?

栄養補助食品の一種なので葉酸サプリは飲み始めると直ぐに効果そのものは生じます。

憶えておきたいのは葉酸が体内に十分に行き渡るまでに1ヶ月ほど余裕を見た方が確実な効果を期待できる点です。葉酸は吸収が難しいためサプリメントを通じた摂取が厚生労働省からも推奨されています。

吸収が容易でないために、可能な場合は早い時期から葉酸サプリを飲み始めることをおススメします。効果そのものは飲み始めて間もなく生じるので栄養面でプラスに働きます。

葉酸サプリ いつから飲んだ? に割れる回答

厚生労働省の調査では妊娠・出産と葉酸サプリの重要性について認知が低いと出ています。母子手帳にも栄養バランスの重要性について記載されている中に葉酸サプリで栄養を補うべきと言及されています。

実態は7割近くの20代、30代女性の間で葉酸が胎児の生育に大きな影響を与えることを知らないと厚生労働省の調査で明らかになっています。低い認知度に危機感を抱いている国が主導して、現在、周知を進めるべく広報に力を入れているのです。

葉酸を飲むのが遅かったと気付いて補うには?

妊娠を知った後に、かなり時間が経ってから葉酸摂取が必要と情報を得て、慌てなくても大丈夫です。葉酸を妊娠初期から中期にかけて胎児の栄養として重要なのは事実ですが、母親が落ち込んだり、考え込むほど気にしない方が今後のためにも良い方向に向かうことでしょう。

比較的早い段階で葉酸を多めに摂取するべきだと知る方が多いのが第1の理由です。確かに医学的な研究結果から胎児の成長に大きな役割を果たしていると明らかになっていますが、気落ちするほど深刻な影響が葉酸摂取の不足から生じるわけではないのです。

標準必要量に到達するように気付いたときから葉酸を摂取すれば十分

葉酸の摂取量が少ないと知ったときから葉酸を多めに摂取すれば十分です。葉酸を飲むのが、遅かったと考えるのではなく、新生児にとって葉酸が栄養として大いに役立つと理解して葉酸を積極的に摂るように心がければ良いのです。

まとめ、葉酸サプリは妊活を考えた時から飲み始めるのが最適

栄養バランスに気配りをしようと考えると、初期段階で気付くのが葉酸を多く摂取することの重要性です。国、都道府県、市区町村の3段階で葉酸サプリを利用して不足分を補うように盛んに周知徹底の努力が続けられていますから、周りの人に言われて知る方も少なくないことでしょう。

かかりつけ医に言われて葉酸サプリの重要性を理解するケースも多いです。葉酸サプリの重要性を理解したら躊躇せずに葉酸サプリを飲み始めないと栄養が不足した状態が続いてしまいます。

葉酸サプリを妊娠後いつまで飲むべきか?

Visits: 15

タイトルとURLをコピーしました