渋渋 英語入試のノンフィクションは難易度の変動が年度によって大きい

___[記事にはプロモーションが含まれます]
渋渋、渋谷教育学園渋谷中学校

難易度が変動する要因は英文と設問の2つ

渋渋の英語入試、フィクションを読んで設問を4択で選ぶ問題で得点が伸びにくい理由を書いている専門家がいないので、私が書くことにします。

中学受験の英語入試について、難易度の変動と小6に教えるべき対処策について同様に、解説をしている講師が皆無なので、やはり説明します。

英文の長さが極端に長い年度が出る

設問と選択肢の雰囲気が年度によって変動する

必ず「読解は簡単だから」と言い張る、小6受験生

ママ
ママ

あなた、ちゃんと渋渋のフィクション読解を解けてるの?

子ども
子ども

解けてるよ(怒)。簡単だよ、問題が

ママ
ママ

本当なの? 証拠を見せてご覧なさいよ(怒)。

子ども
子ども

ほら、出来てるじゃない(ドヤ顔)

どこの家でも繰り広げられているバトルのようです(苦笑)。全ての家庭で起きているようなので、ご安心下さい。真剣に中学入試に取り組んでいる証ですよ(笑)。

塾の対策では、入試の当日に合格点を超えられるか、生徒一人一人の解き方を見極めて、冒頭の2つの要因に絞って受験生側の得点率が上下に変動しないように練習を重ねています。

渋渋の英語対策では、週に1回、予想問題を作成してテストゼミ

英文が長いときの読み方を教えています

長い英文のときは一文一文は読みやすく、短い英文の場合は一文がそれぞれ読みにくいのが一般原則です。まず、原則を教えます。

次に、受験生が文章を読んだときに受ける印象に応じて、入試で要求されている解釈の仕方について説明します。

設問と選択肢に違和感を感じるときの解き方を解説

家庭で対策をする方法

英語の名作から出題されると文章が長く、設問と選択肢を読み取るのに時間がかかります。名作を読んで主人公の置かれた状況を入試の前に把握しておくと当日に高い得点になる傾向があります。

Visits: 87

タイトルとURLをコピーしました