清泉女学院中学校 帰国生入試の対策

___[記事にはプロモーションが含まれます]
清泉女学院

JR大船駅にある学校です。英語の取り出し授業あり。

横浜方面では、帰国生への英語教育が充実しています。先生方とも話をして確信を抱いています。落ち着いた雰囲気の学校です。

清泉女学院中学校 帰国生入試の対策

入試は2方式、日本語作文と算数、日本語作文と英語のいずれか

日本語作文は必須です。

清泉女学院入試、 日本語作文の対策

日本語作文は解答時間が45分なので、入試までの練習によって、答案のクオリティ差が大きくなります。文章を書くのが苦手な女子の方が完成度が高い答案を書く傾向があるので、保護者が考えている作文指導とは塾での教え方は異なるのかもしれません。

清泉女学院入試、算数の対策

算数は概念を理解するのが困難な単元があるため、効率良く対策を進める必要があります。日本語作文の完成度とバランスを参照しながら指導していきます。

清泉女学院入試、 英語の対策

英語の対策をしないで受験して不合格になってしまう場合があります。予想問題を3セット練習します。

まとめ

清泉女学院は英語の取り出し授業があり、魅力的なカリキュラムを有します。

Visits: 86

タイトルとURLをコピーしました