聖光学院 帰国入試 英語は長文読解を重点的に最終チェック 

___[記事にはプロモーションが含まれます]
帰国入試、聖光学院(英語)

聖光学院 帰国入試 英語は長文読解を重点的に最終チェック

直前期は解き方を合格点狙いに変えています。易しい問題を確実に正解する戦略に徹する練習をします。

長文読解で高い正答率が合格の要

聖光学院は長文読解で確実に正答率を合格点よりも少し高く維持するのが合格への秘訣です。問題は深く練られていて、冷静に解き進めていく必要があります。

英語の読解問題の怖いところは、難易度の把握が試験場では難しいところです。事前に、リラックスした状態から、普通の状態まで、条件を変えて、英文読解の問題を解いた時の正答率の変動をデータ化して、練習を積んでいきます。

臨機応変に問題を解いて、合格点のやや上を確保出来るように直前対策をしています。

writing は点差がつかない

問題の性質から予測すると、得点差は僅かなので、堅実な答案を時間を消費せずに仕上げる練習をします。

文法、語法問題は捨てる

作り込まれた良問ですが、2分以内に正解を思い付かない問題が混在します。熱くなり過ぎずに、時間で割り切って、諦める練習をさせています。

将来が有望な受験生は粘り強く考え抜く力を持ち合わせているのが真実なのですが、試験は時間で区切られているので、時間勝負である点を徹底して練習させています。

Visits: 154

タイトルとURLをコピーしました