聖光学院、帰国入試の英語対策(11月の予定)

___[記事にはプロモーションが含まれます]
帰国入試、聖光学院(英語)

読解問題が仕上がっていることの確認

男の子は入試の当日まで読解力の向上にエネルギーを注いで教える必要があります。個人差が激しく、問題によって上下も出るので、細かく解かせています。

1) 科学的な内容の英文での演習

苦手な分野の英文が出題されると点数が下がるリスクがあるので、医学、宇宙、自動車、電車、船舶、化学、農業と偏りなく英文を読んでいきます。

2) 論説、評論、説明文(社会学の内容)の英文での演習

社会への考察、異文化論、福祉を中心に読みます。

3) 物語、小説の英文での演習

小学6年生男子に読みやすい出題を作問者は意図している筈ですが、採点してみると、全くダメなときがあります。総崩れの中、高得点を出す児童がいて、後で知らべてみると、文章を読んだことがあった、ケースがあります。

入試の前日までに読んだ文章から出題されるかもしれませんから、毎回の授業には集中して取り組むように受験生にはお願いしています。

Views: 469

タイトルとURLをコピーしました