桜蔭中学校 国語、論説文の記述式で合格答案を書く学習法

___[記事にはプロモーションが含まれます]
桜蔭中学校

国語が記述式の問題を中心に構成されている桜蔭中学校の国語対策をどうしよう、と頭を抱えてしまう児童で中学受験塾の教室が溢れています。勉強の仕方に行き詰ってしまいます、記述問題は。

語彙力を豊かにし、論述力を強化する学習法が合格への突破口です。

教科書レベルの論説文で説明力を鍛える

中学受験の国語で引用される文章は決して小学生にとって、読みにくい文章ではありません。小3, 小4の時点で読書が大好きになった受験生にとって馴染みが深いテーマの文章から出題されます。

学校の教科書レベルで読みやすい文章を使って、内容を説明する練習をすると効果的です。

説明文の内容を自分の言葉で平易に説明する練習を繰り返すと得点力アップ

国語の課題文で作者が主張している内容を自分の言葉で説明し直す練習が実力を付けるのに最適です。

日本語80文字で要約する練習が役に立ちます。

慣れた後に、120文字で要約する練習をして下さい。注意点としては、入試では80文字で出題されるデータを頭に入れておくことです。文字数を増やして、答案を書く練習をしておくと、入試当日に答案を短時間で仕上げられる能力が身に付くのが理由です。

まとめ

記述式の問題だけを9月末まで練習するのが、桜蔭中学校の国語で、漏れなく得点する秘訣です。

Visits: 120

タイトルとURLをコピーしました