HUAWEI WATCH GT 4 レビュー

___[記事にはプロモーションが含まれます]
高級腕時計

ファーウェイ社が新発売したWATCH GT4では健康管理の機能が新しくなり、より詳細にユーザーが利用できるようになっています。今後、GT 4ベースの新製品がHUAWEI公式サイトでも購入できるよう続々と投入されていく見込みです。

Huawei Watch GT 4でできることは?

睡眠トラッキング、血圧、血中酸素濃度の測定、ストレス度チェック、体表温度測定を始めとして目覚まし時計、タイマー機能を搭載しています。

HUAWEI GT4で測定可能な皮膚温度

体温の測定を求められる場面がまだ多い中で、朝に起床して体温計を取り出して測定するのは手間がかかる上に、忙しい中で煩わしいものです。

ファーウェイ社のGT4には体表温度を測定する機能が搭載されているので、家を出てからバス、電車、マイカー通勤なら信号待ちの間におよその体温を測定することが可能です。

他にはカロリー管理機能もGT4から新たに搭載されています。手動でカロリーを入力して一日の食事量から健康管理ができるように機能アップされています。

GT 4で新たに選べるウオッチフェイス

1万種類以上のデザインから好みのウォッチファイスを選択できます。WATCH GT 4で新たに採用されたデザインもあり、利用者はスマートウオッチの画面上を見るのが楽しくなる仕掛けがHUAWEI 社によって提供されています。

ウオッチ画面はいつでも変更可能なので、気分によって好きな画面に変更できます。

ウオッチ画面はいつでも変更可能なので、気分によって好きな画面に変更できます。

HUAWEI WATCH GT4 で新たにカロリー管理機能がより緻密になっています。ユーザーが設定できる項目の増加が実現しています。利用者が独自にHUAWEI公式 ONLINE STOREのサンプル画面のように消費カロリーを設定できるようになっています。

HUAWEI WATCH GT 4 正確さを増した位置情報の記録機能

WATCH GT 3までと比較して、WATCH GT 4では位置情報の記録精度を大幅に向上させています。スマートウォッチ単体で位置情報を正確に記録することが可能になっています。

スマホとの静かな連動へと進化、WATCH GT 4での新機能

スマートウォッチのほとんどはスマホと連携させて使用するタイプです。スマホとのBluetooth 接続が切断されると、バイブレーション機能でブルブルっと腕時計が震えるのが一般的です。

HUAWEI WATCH GT 4 はスマホから離れてもブルブルがありません。意外と不快なブルブルがなくなったのもWATCH GT 4の新機能と言って良いのかもしれません。スマホから離れて移動すると決めた時点で、Bluetooth 接続が遮断されるのは覚悟しているとはいえ、手首のブルブル振動は気になりますから・・・

アイフォンで簡単に管理できるHUAWEI WATCH GT 4

Apple 社の iPhoneの方がファーウェイ社のスマートウォッチと接続が簡単です。アプリ類のダウンロードも容易であっという間にWATCH GT 4と接続が完了します。

HUAWEI ワイヤレスイヤホンと同時に着用してシームレス操作が可能

ファーウェイ社のワイヤレスイヤホンとGT 4を組み合わせると、イヤホンの音量調整がスマートウォッチ側でも可能です。

腕時計のリューズを回転させるとボリュームを上げたり、下げたり出来るので、意外と楽です。

まとめ、HUAWEI WATCH GT 4は機能の向上が著しい新製品

画面の表示能力を向上させている点もHUAWEI WATCH GT 4を選ぶ魅力で、見やすい有機液晶に仕上がっています。それぞれの機能を選択する際の画面表示が見やすくなっているからです。


Visits: 2

タイトルとURLをコピーしました