5歳と話しが通じないを解決オンライン講座33,000円(無料フォロー2回)

___[記事にはプロモーションが含まれます]
外部、社会人スクール

「会話が通じない」5歳の我が子に悩む保護者から相談が増えています。同様に、幼児から「ママが私を理解してくれない」と訴えることも少なくありません。

驚いたことに、親子が互いに「話しが通じない」と感じる原因は親でもなく、子供でもありませんでした。解決策が人間関係がうまくいく!伝え方コミュニケーション検定にあります。もちろん、原因の解説とともに合計3時間のオンライン講座に凝縮されています。

聞き手の性格を理解する、3タイプを覚える

意外なことに聞き手の性格を理解して伝えることが「話しが通じる」ための本質的なのです。話し手でなく、相手の気質、性質に焦点を当てて、聞き手を理解することが重要なのです。

講師の稲場先生は3タイプを覚えるだけ!わが子に伝わる「ほめ方」が学べる伝え方コミュニケーションを学べると集約しています。5歳の子どもの性格を3種類に分類して、性格別に言われて喜ぶ「ほめ方」、反対に伝わらない言い方を説明していきます。

話しが通じないと長男に感じた経験が開発のきっかけ

講師の稲場先生が人間関係がうまくいく!伝え方コミュニケーション検定の着想を得た間接的な経験として、お子さんとの会話を挙げられています。『なんだか、子どもと会話が通じていないなぁ~』と日常の会話で感じていたそうです。

親が口に出して言っている言葉が、きちんと子どもに伝わっていない印象を受けていたのです。何回も繰り返すうちに、伝え方を体系的に研究してみたいと感じるようになったそうです。

自分の性格も理解する

聞き手の性格を理解した後に、必要なことがあります。自分の性格を知ることです。自分が相手に使う言葉、言い方が自分の性格を反映した内容になってしまうからです。鏡に映った自分の姿のように、自分の口から出る言葉は自分の性格の影響を受けているからです。

自分の性格を理解できるようになると、相手に伝える前に、一呼吸おいて、相手に言葉を発したときのインパクトを考えて、言葉を慎重に選ぶことができるようになります。

思ったことを、そのまま相手に伝えることがなくなり、人間関係が円滑に進むようになります。伝え方コミュニケーション検定の内容を学んだ本人も、驚くほどスグ使えて役立つ!3タイプで人間関係がうまくいくので、効果は大きいのでしょう。何しろ、聞き手が喜ぶ言い方をマスターしているのですから。

教員への研修でも実績は保証済み

16年をかけて、伝え方コミュニケーション検定としてまとめられているオンライン講座は文部科学省調査研究事業(平成28年度)で採用、教員の満足度9割超えの実績で証明されている通り、国にも教員にも高い評価を得ています。

安心できる実績を積み重ねているオンライン教材で、5歳の子どもに声を掛けるときの効果的な話し方を学ぶことができます。

まとめ、聞き手の性格に合わせて話し方をアレンジする

話しをするときに、聞き手の性格を理解し、相手が納得しやすい話し方を身に付けることでスムーズで円滑な人間関係を築き上げることが可能になります。

伝え方コミュニケーション検定は国に認定され、教員研修にも採用されている検定ですが、良好な親子関係を目的とする受講に際しては、難しい試験ではありませんので、安心して受講してみて下さい。

私も3時間のオンライン講座を受講していますが、あるある話の連続と講師の稲場先生が上手に時間配分をされているので、楽しく充実した授業として学ぶことができています。もちろん、検定にも合格しています。分かり易い言葉で、簡単に説明が進んでいくので、取り組みやすい講座内容です。

Visits: 1

タイトルとURLをコピーしました