海外赴任が決まったけど、英語ができないを克服する学習方法

___[記事にはプロモーションが含まれます]
外部、英語コーチスクール

海外赴任が決まって、ふと我に返って自分には「英語ができない」と感じているときに苦手を克服する学習の仕方をまとめています。

日々の仕事に全力で取り組んでいると、英語学習に毎日、一定の時間を割くのは非現実的です。仕事が多過ぎて、英語学習の時間を別途確保するのは困難です。業務の合間に関連した英語を調べるのが精一杯です。

いざ海外赴任が決まると、空港での英語から始まって、現地の役所、買い物、病院とあらゆる場面で英語が必要になります。海外での日常シーンで英語を使って全てをこなしていくことが求められます。

赴任までの限られた時間で英語力を向上させる学習方法について情報を整理しています。

結論、実は英語ができている人が8割以上

本人が思っている以上に英語を話せている方が大半なので、英語力に不安を抱く必要はないのが実情です。日本と取引が多い企業の担当者と話すと、日本人担当者の英語力に満足している、と異口同音に答えが返ってきます。なので、英語に時間を割く必要はないと個人的には思うのですが・・・

とはいえ、海外赴任までに、しっかり英語の学習をして備えておきたいところなのは事実で、具体的な、学び方を検討していきましょう。

現地採用従業員とのコミュニケーションに必要な英会話

短時間で現地の従業員と仕事ができる環境を整えたいところです。同時に、長期的に現地の従業員と良い人間関係を維持して、業績アップにつなげたいと誰もが望みます。

仕事にフォーカスした英語を学習しておくことで、現地の従業員と円滑に仕事を進めるのに十分な会話力を身に付けることができます。

Can you tell me briefly about our client?

Do we have any business problems that we need to solve in a hurry?

短時間で結果を求めるならコーチング英会話、コスパならオンライン英会話

1年以内の短期間で英語を話せることを目標にする場合はコーチング英会話、出費を抑えたい場合はオンライン英会話が目標を達成するのに適しています。

コーチング英会話ではライザップイングリッシュ、オンライン英会話ではスタディサプリ 新日常英会話セットプランが学びやすいです。他にも、目的別とレベル別にコチラでまとめています。

Visits: 2

タイトルとURLをコピーしました