ライザップイングリッシュで挫折を感じた体験談

___[記事にはプロモーションが含まれます]
外部、英語コーチスクール
RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)での英語学習

結果が出るので評価が高いライザップですが、丁寧な対応も人気。

ライザップイングリッシュで挫折するのが不安な方が情報集めをされています。

標準3ヶ月の受講期間で英語学習の成果を期待するけど、心配はつきないですから。

目標を設定して英語学習に取り組む場合は十分なサポートを受けられますから、ちょっと違うのです。短期コースでは挫折が存在しませんから、安心して受講できます。

挫折を感じるのは学習が進んでいる証で、少し息抜きをして出来るようになったことを数えて、前向きな気持ちを取り戻すと自分の心の奥底から元気が出てきますよ。

RIZAP ENGLISH(ライザップ イングリッシュ)受講生による口コミ

1日3時間学習のプレッシャーとの闘い

トレーナーに1日3時間学習が負担になっているときは「ムリ」と伝えても良いかも。

ライザップイングリッシュでは1日3時間学習が基本ですが、英語を本格的に学習し始めた当初は頭の中が混乱して、体が拒絶してしまって、オーバーワークに感じるかもしれません。

学習の初期に音を上げてしまい、トレーナーに多くの受講生がしんどさを伝えているのは事実です。受講生アンケートでも、学び初めて直ぐの時期のつらさについての記入が大量にありますから。学習自体も負荷がかかっているのは事実です。学習よりも、実は、慣れない英語に長時間触れていることが肉体よりも精神的な負担になっているのです。

初日、3日目、7日目が少しキツイですが、トレーナーも慎重に見守って、苦しそうなら声を掛けてくれますから、英語学習に慣れるまで、ぐっとこらえて、英語を自分の側に引き寄せて下さい。

どうしても、限界を超えているときはトレーナーに「ムリ」と伝えて、学習量を調整してもらうのも悪くない判断です。慣れてから、量を増やして全体でバランスをとることも可能ですから。

仕事とライザップイングリッシュの両立に一苦労

職場にライザップイングリッシュで英語学習を始めたことを宣言するのが効果的です。黙ってとライザップイングリッシュで英語学習に取り組むときは、仕事を優先してライザップイングリッシュ学習を削った方が挫折しなくて済みます。仕事は拒絶できないですから。

朝に強い方なら、早起きして、仕事前に英語学習に取り組むのも解決策としておススメです。教室受講の方には、ライザップイングリッシュの各教室にある自習室での学習も良いかもしれません。

午前6:00から自習室を利用できるのはライザップイングリッシュの大きな強みですから。3ヶ月コースで受講できるスクールは午後になってから受付が開くところが一般的なので、違いが際立っています。会社近くの校舎でライザップイングリッシュを受講されている方は、仕事前に自習室に行って英語の学習をすると一日3時間の学習をこなしやすいことでしょう。

夜に仕事を終えてから英語に取り組むのが好みの方も少なくありません。23時(午後11時)までライザップイングリッシュの校舎が営業しているので、自習室で英語を勉強するのも学習時間を確保する上では堅実です。

仕事が忙しくてライザップイングリッシュでの学習に集中できず、苛立っているときは、本当は、英語の学習にしっかり取り組めています。人間って、音が真面目にできているので、自分が一生懸命取り組もうとしている目の前の一つのこと、ここでは英語学習に専念できないと、イライラしてしまうのです。

同時に、どうにかして、心の中にある本命のタスク、ここでは、英語学習に取り組む時間を確保する気持ちは非常に強く、何とかして英語学習の時間を捻り出す努力をしているものなのです。

後で、受講期間が終わって、振り返ってみると・・・

ちゃんと英語を勉強できているものなのです。ご安心を。

あと、英語の学習で成果が出なくて焦っているときは、仕事に邪魔をされた気分になることがあります。特にスピーキング、シャドーイングの2つでは、頭では英語が浮かんでいても、直ぐに、英語の音を意のままに発音するのは難しいので、落ち着かない気分に陥ります。

トレーナーの視点からは、良い感じに英語学習が進んでいるように見えていますから、大丈夫ですよ。

ただ、どうしても限界を超えているときは、仕事を削るのは難しいでしょうから、トレーナーに事情を説明して、学習量を減らしてもらった方がメンタル面で適切です。一時的に、落胆するかもしれませんが、精神状態を良好に保つことが第1なので、分量を減らす選択を躊躇せずに行うべきです。

シュクダイをこなす時間の確保に悪戦苦闘

ライザップイングリッシュでは1週間に2回のセッションが終わる毎に、シュクダイが出されます。味方を変えると、次回のセッションまでにシュクダイを出されるとも表現できます。

分量はやや多目に感じる方が大半です。英語学習で効果を出すためには、大量のインプット、アウトプットが英語漬け環境を作りやすいので、課題の量が増えてしまいます。

シュクダイの解き方で学習者の負担を減らすのが挫折を防ぐ最適な方法です。

仮に次のセッションまでに300問の単語問題を解いておくシュクダイを出されたとしましょう。分からない単語を丁寧に調べて、メモをとって、付箋を貼って、と時間をかけて学習すると39時間かかるかもしれません。

対照的に、ひたすら問題を300問、辞書で調べたり、ノートにまとめずに、答えだけ選んでしまったらどうでしょう?

長くても7時間もあれば答えだけ選べます。解き終わってから、単語を調べてみたり、エクセルで熟語データベースを作っても、学習時間の総量を決めるのが容易になりますから、精神的な負担は楽になります。

もっとも、トレーナーもシュクダイの量が多過ぎないか、常に、注視して見守っているので、解き方や整理の仕方もトレーナーと話し合うと学習効果が高くなります。遠慮せずに、トレーナーに感想や意見を伝えると、ピッタリなシュクダイの量に最適化しやすくなるのがトレーナー側の本音なので。

トレーナーの教え方が希望と異なる場合の対処法3つ

入会前のカウンセリングで希望する成果、学習内容をしっかり伝えて理解してもらうことが第1の対処法です。カウンセリング前に心の中で描いていた望みとカウンセリングで提案された内容が異なることがあります。疑問点は質問をして、納得いく説明を受けた方が後々の学習がはかどりますので、ここは時間をかけるステップです。不明な点は繰り返し、質問を重ねて、自分の心に、しっくりくる学習法を提案してもらえるようにして下さい。最善の方法を最初に解説しました。

残り2つの対処法について説明します。

第2の対処法は受講開始後に齟齬が生じた場合についてです。トレーナーに日常的に、学習の進捗状況について感想や印象も含めて、伝えると勉強がはかどります。トレーナーもゲスト(受講生)に最善の結果を提供できるように、しっかり話しを聞き、学習法を柔軟に示す努力を重ねています。現在の担当トレーナーにしっかり自分の希望を伝えて、理解してもらうことです。

受講生の学習満足度を高める努力にトレーナーも最大限、集中するので、学習方法や教材をカスタマイズして、フィット感を調整してくれます。学習法を加減するときに、お互いに話すことで、納得感が高まる傾向が短期集中型の学習には、あるようです。

とはいえ、どうしても受講生にとって、どうしても期待通りにいかないこともあるわけで・・・

最後に、これは非推奨ですが、トレーナーの変更をお願いすることも止むを得ません。お手頃な受講料のスクールだと講師の質に個人差が激しく、正直な話し、当たりハズレがあるのは事実です。

対して、ライザップイングリッシュのようなマンツーマン指導の場合は、トレーナーの対応が安定していないと、受講生に不満が出てしまうのです。個人指導の業態では、従業員の質を高く、均質的なサービスを提供できる必要があるのです。なので、トレーナーの交代を求める事態が発生する件数は低くなります。ですが、短期集中学習サービスだと、受講生の側にも結果へのプレッシャーがかかり、トレーナーの交代も止むを得ない場合も経営陣の視点では生じます。穏便に伝えて変更を依頼されている方が一定数存在します。

まとめ

短期コース、マンツーマン指導だと挫折は受講生の前向きな気持ちの現れで、積極的に捉えると対処策が思い浮かびます。

英語スクールの検討段階で、挫折に思いを馳せているなら、尚のこと、受講後に自分の学習経験を肯定的に捉えられると予想できます。

ライザップイングリッシュで挫折しないために書いてみました。

ライザップイングリッシュで実力アップ

Visits: 27

タイトルとURLをコピーしました