社会人の英語独学法、海外ゼロで突然必要になる日に備えて

___[記事にはプロモーションが含まれます]
ビジネス英語

社会人の英語独学法、海外ゼロで突然必要になる日に備えて

社会人になって急に英会話が必須になった場合の学習法

日本の英語教育では「読む」が70%、「聞く」が30%の割合で重視されています。2021年大学入試から「聞く」の配点が50%に変更になりましたが、依然、「書く」と「話す」の比率は低いままです。

2次試験、私大の入試では writing の出題が増えていますので、書くのは兎も角、未だ、「話す」は限られた一部の大学のみ出題されています。

そうすると、社会人になって会話力を突然、要求される日が訪れるかもしれないのです。

今回は、会話力を要求された場合に備えての学習法について。

独学で学習する場合

業務に関連する英語の専門書を読むのが最安かつ最短コースです。英語の専門用語をマスターすれば、大学受験までの英語学習でカバー出来るので。

リスニングには最短で3ヶ月、スピーキングは最短6ヶ月かかります、現地に滞在している場合、成果が出るまでの目安になれば幸いです。

Visits: 1

タイトルとURLをコピーしました