Huawei FreeBuds pro 2 音質に優れる3万円以下のワイヤレスイヤホン

___[記事にはプロモーションが含まれます]
Huawei FreeBuds pro 2 ワイヤレスイヤホン

価格性能比に優れる製品を揃えるファーウェイの最高峰ワイヤレスイヤホンです。ノイズキャンセリング機能が最高レベルなHuawei FreeBuds pro 2は外部音取り込みモードも備えています。

「通話」が便利なワイヤレスイヤホン、スマホを持たずにハンズフリー会話

ワイヤレスイヤホンで便利なのが通話です。スマホを持たずに会話できて、音質はスマホを持って話す場合と比較して遜色ない音質なので、とても便利です。

会話に集中できるのが、ワイヤレスイヤホンを装着してスマホで電話をするときのメリットです。両手が自由になるので、スマホで電話をしながらペンでメモを取って、もう片方の手で書類のページをめくることも可能です。

パソコン画面を見ながら、両手で文字入力もできます。ワイヤレスイヤホンを耳に付けている状態で、スマホの電話に出ることから、ボリュームの上げ下げ、そして電話を切ることまで完結できるので、電話をしながら情報の整理をすることを含めて、複数の作業が可能になります。

スマホ経由でワイヤレスイヤホン装着して電話をするときに気になるのが、外部音・・・

ファーウェイ FreeBuds pro 2 外部音取り込みモードの完成度が高い

ノイズキャンセリング機能も購入後に箱を開けて初めてHuawei FreeBuds pro 2を耳に装着してノイズキャンセリングの実現度を確認したときに、十分に満足できる仕上がりになっています。

特に、ユーザーが気に入る機能が外部音取り込みモードです。

外部音取り込みモードとはノイズキャンセリングを効かせつつ、外部の音をしっかり取り込む機能です。1万円台のエントリーモデルを購入すると、ノイズキャンセリングは搭載されているのですが、外部音の取り込み機能は省略されているのが通常です。

FreeBuds pro 2 では外部音取り込みモードが搭載されていて、2万円台なので、とてもコスパに優れています。他社の外部音取り込み機能があるイヤホンだと3万円台半ばであることを考えると、手が届きやすい価格といえます。

ファーウェイFreebuds pro2はDevialet社と共同開発

Huawei FreeBuds pro 2は、Devialet社のチューニングにより、迫力のある重低音とクリアなディテールにより、オリジナル音源を生かしたサウンド効果を実現しています。

重低音は過度に重くなく、低音を強調しつつも、高音域を聞き取れるチューニングに仕上がっています。Huawei FreeBuds pro 2を購入後にイヤホンの音域を調整できる設計になっているので、重低音も通りの良い、スッキリした音になっています。

Huawei FreeBuds pro 2
Huawei FreeBuds Pro 2

Visits: 6

タイトルとURLをコピーしました