ロリポップサーバーでホームページ作成、フリーランス集客成功

___[記事にはプロモーションが含まれます]
ウェブサイト運営

副業禁止の会社に勤めている方は別として、フリーランスで働いているのにホームページ、SNS発信をしていない人が多くて、実にもったいないと感じます・・・

ホームページを作って、SNS発信をするのは確かに面倒くさいです。ちょっと集中して自分のサイトを作成すると、思いもよらない遠方から新規の集客が可能になり、仕事の依頼が増えるのでおススメです。

ロリポップサーバーでホームページを作成するのが、フリーランスには簡単

フリーランスで働く方は仕事が速くて正確なので、紹介で仕事が続きます。評判が評判を呼んで口コミで仕事が絶えないのです。途切れることなく次の仕事を案内されます。好循環で仕事が引きも切らずに向こうから訪れます。

会社員だと社内の意見を揃えるのが大前提。上司や部下と日程、予算の打ち合わせ、生産部門、仕入れ部門、販売部門といった部門間の調整に時間と労力をかけて、自社内をしっかり固めてから営業開始ですから、フリーランスは仕事のスピードが速くなるのも当然です。

ふと周りのフリーランスを観察していると、ちょっとした空き時間にも常にスマホで何やらスワイプを繰り返しています。そして突然、テキストメッセージを打ち始めて、挙句の果てに・・・

「ちょ、ちょ、ちょっとすいません」と言いつつ、部屋の片隅に行って電話に出て会話を始めてしまいます。

「一体、いつもスマホで何をなさっているのですか」と質問してみたところ、ホームページ集客が軌道に乗って新規の問い合わせが毎月、2,3件、あるそうなのです。

ホームページを作成して、新たな仕事の依頼を受けているらしい。

聞いてみるとロリポップ!でホームページを作成するのが忙しいフリーランスには失敗せず、運用も楽で、仕事と両立できる、とのこと。

ロリポップサーバーは管理画面が見やすい、初心者を含むユーザー数が多いのが理由

ホームページ制作を個人で行うのが流行ったweb 黎明期からロリポップサーバーの知名度は高く、私は偶然買った書籍を参照して、見よう見まねでホームページをロリポップサーバーで作り始めました。

写真付きの書籍だったので、つまづくことなく一通り、ホームページの外観を完成させることが出来ました。ロリポップサーバーは初心者にも使いやすいのです。

わからないときは、サイト上にマニュアルがあるので、見ながらサイト作成をしてみると分かり易くて良いですよ。

実体験、他社サーバーは管理画面が複雑で扱いにくかった

安さにつられて、他社サーバーも並行して使ってみた時期があるのですが、管理画面がとにかく使いにくいのです。設定を少し見落とすと誤作動の原因になってしまって、難しいなぁ~、と。

ロリポップサーバーの管理画面はシンプルなのですが、間違えることなく使えるので、使い勝手が良いと思います。他社のサーバー管理画面を使うのに四苦八苦しただけに、リアルな感想です。

新規集客に向いているプランは3通り、コスパ優先プラン、お手頃価格プラン、高速プラン

左のホームページ運用の経験がゼロに近い方から、右の3ヶ月以上の経験がある方に使いやすいプランへとスペックが高くなっていきます。

ロリポップサーバー、フリーランス向きの3プラン

ホームページ初心者に最適なのが、コスパ優先のライトプラン

Instagram, twitterからホームページに誘導する場合はライトプラン 詳細はこちらで十分です。あるいは、フリーランスとして仕事で名詞を配ってホームページにアクセスしてもらって、詳しい仕事内容を見てもらうホームページの使い方も同様にライトプランで役割を果たせます。

10ページを超えて、ホームページに記事を投稿して本格的なサイトを構築すると仮定しても、50ページまではライトプランのままで大丈夫です。

ライトプランを薦める理由を3つ挙げます。

メリット1) 月額費用がお手頃価格で心理的な負担になりにくい

ホームページを作成すると事前に想定していた以上に時間がかかります。外部の専門業者に依頼することも可能ですが、自分が希望するホームページのスペックを伝えるときの細かい質問に正確に答えていく必要があります。結構、エネルギーを使います。

自作してホームページを用意する場合はどうでしょう?

順番にホームページを作りながら、欲しいスペックを選んでいくので、ホームページのセッティング期間に渡って、ストレスがかかります。緩く、長くストレスがかかります。

外注にせよ、自作にせよ、労力を使うのは間違いなく、ホームページの設定段階でプラン別で費用に違いは出ません。同じなのです。

コンテンツを作って、サイトを公開し始めてから、プランの違いが表示に反映されるようになるのです。なので、最初の立ち上げ段階では、無理せず、ミニマムなスタートを提案しています。

試行錯誤しているときの、ちょっとした出費は作業停滞の原因になりますから。

メリット2) 画像や文章を満足できる量でウェブ上に掲載できる

ホームページを作成して、ページ数換算で、50ページまでは十分アップロード可能です。映像クリエイター、イラストレーター、写真家で、画質にこだわりがある場合は不足しますが、文字を中心にサイトのページを増やしていく限り、容量が不足することはないからです。

メリット3)サーバーの反応速度はサイト訪問者の満足水準を満たしている

サイトのページが50ページまではサイト訪問者がスマホの低速モードで読み込んでも、2秒を超えません。サーバーの応答速度が遅くてサイト訪問者が離脱することも皆無だからです。

50ページを超えるあたりから、サイトの表示スピードを確認する必要が出てきます。

サイトの応答速度を最優先するならハイスピードプランを選ぶと満足度アップ

ライトプランを使っていて、応答速度が遅くてイライラするなら、ハイスピードプランを選ぶべきです。体感で3倍速くサイトが開くハイスピードプランの詳細はこちらからご覧下さい。

平均して10日ずっとサイトスピードを上げる努力をすると限界に達します。画像を50キロバイト以下にする、サイト管理システム(CMS)を最速にする、2点を極限まで追求してもサイトスピードが遅いと感じるならば、ハイスピードプランを選ぶ時期です。1ヶ月分の差額がランチ1回分程度なので、大した金額でないですが・・・

サーバーの容量を重視するなら、スタンダードプランを選ぶべき

動画をサーバー内にアップロードしたい方、解像度が高い状態でイラストを表示したい方、一眼レフで撮影した写真を掲載したい方はスタンダードプランが向いているかもしれません。容量が大きいスタンダードプラン 詳細はこちらに説明が記載されています。

参考)画像圧縮ソフトを使って容量を削減するのが一般的(クリエイターに向かない)

tinypng.com を使って圧縮すると便利です。

tinypng.com で画像を圧縮している様子

スタンダードプランには月額利用料金を抑える効果があるのですが、画像を遅延読み込みさせても、表示速度のもたつきが気になる場合は、ハイスピードプランを選ぶことをおススメします。

ロリポップサーバーを10日間無料で申し込む方法

ロリポップのサイトを開くと直ぐに、10日間無料体験の赤いボタンが視界に入ります。クリックすると、プランの選択画面に遷移します。

ロリポップサーバー、10日間無料体験の申し込み画面

プランを選ぶと、アカウント情報を入力する画面になります。

ロリポップサーバー、10日間無料体験のアカウント情報を入力する画面

この後、順に必要事項を入力するとロリポップサーバーを利用開始できます。

まとめ

ロリポップサーバーはスペックを定期的に引き上げています。ネット上の情報には古いものが多く、最新のロリポップサーバーを伝えきれていないページも散見されます。

コスパ優先ならライトプラン、容量を大きくしたいがコスパも重視ならスタンダードプラン、表示速度を爆速にしたいならハイスピードプランで集客できるホームページを作成して、運用しましょう。

Visits: 5

タイトルとURLをコピーしました