マネーフォワード クラウド会社設立は無料の書類作成サービス

___[記事にはプロモーションが含まれます]
帰国生スクール

法人設立の書類作成サービス。2つの多く寄せられる要望、個人事業主の法人成り、起業の際に会社設立に必要な書類を無料作成 マネーフォワード 会社設立が役に立ちます。

専門知識がなくても会社設立の書類を作成できる

会社設立に必要な手順は3つに分かれ、必要な書類を揃えること、記入に専門用語の知識が必要なこと、そして書類を提出することです。

マネーフォワード クラウド会社設立を利用することでパソコン、スマホだけで会社設立の手続きを済ませて法人としての活動を本格的に開始することができます。

マネーフォワード 会社設立の費用、いくら? の答えは無料

マネーフォワード 会社設立の利用料金は無料です。

さらに、マネーフォワード クラウドスモールビジネスプラン、ビジネスプラン登録で電子定款手数料が無料になります。通常は電子定款の手数料が5,000円必要です。マネーフォワード クラウドスモールビジネスプラン、ビジネスプランに登録すると電子定款手数料が無料になります(月額、年額の両方で適用)。

電子定款対応!サポートが充実で初めてでも安心 マネーフォワード 会社設立

マネーフォワード クラウド会計を採用して毎月のランニングコストを圧縮

電子定款手数料5,000円が無料になるマネーフォワード クラウドスモールビジネスプラン、ビジネスプラン登録の優れている点はクラウドで会計処理ができる点です。

経費の精算、支払い、入金を全て電子的に処理できるので、2人以上の社員が出金、入金に携わる業務での会計処理が圧倒的にスピードアップします。初期設定をしておくことで、支払い時に会計処理が全て完了しているからです。

月末に社員を追っかけまわして、領収書の回収をして、経費の精算事務をする苦痛から解放されます。

司法書士、行政書士に依頼せず、マネーフォワード クラウド会社設立を利用して平均8万円の節約

会社設立にあたり、司法書士や行政書士に依頼するとオプションのサービスを申し込んでしまい10万円以上の出費になってしまうことが多いです。

特に、注意したいのが一見、安いサービス料で会社設立の全てを代行してくれる司法書士、行政書士の費用が後から追加される諸費用で高くなってしまう点です。

良心的な司法書士、行政書士は高額な手数料を提示しますが、後から追加費用が発生せず、困ったときに、さりげなく訪問して問題を解決してくれるので、依頼時に人物を慎重に見極めるプロセスが欠かせません。フィーが高い代理人は最初にトータルコストを計算して依頼者に発生する費用、悩みを事前に洗い出す作業をしているから冷静にフォローできるのでしょう。

司法書士、行政書士の人柄と依頼費用の話しはともかく、平均して仕業の方に頼むと平均8万円かかります。

マネーフォワード クラウド会社設立を利用すると、依頼費用が0円、つまり無料で済むのでお得です。加えて、司法書士、行政書士との煩わしい人間関係も不要になるので精神的にも楽です。

マネーフォワード 会社設立の流れ

トップ画面の中央にある黄色いボタン、無料で使ってみる、を押すとマネーフォワード 会社設立の利用をスタートできます。

利用料金無料!3ステップで簡単に会社設立 マネーフォワード 会社設立

まとめ

マネーフォワード 会社設立を利用することで、司法書士、行政書士に依頼せずに会社を設立できるので約8万円の節約が可能になります。

加えて、マネーフォワード クラウドスモールビジネスプラン、ビジネスプラン登録で電子定款手数料(通常5,000円)が無料になります。

マネーフォワード 会社設立の利用は無料なので、費用の心配をせずに、ログインして設立手続きをトライできます。

Visits: 4

タイトルとURLをコピーしました