中学受験 英語の詩、英詩への評論対策

___[記事にはプロモーションが含まれます]
渋渋、渋谷教育学園渋谷中学校

中学受験 英語の詩、英詩への評論対策

240語を2問、合計480語で論評させる問題がトップ層に要求される学力。

英語の詩への対策

インターで習っているらしいけど、答案を書くのは難しいとのこと(小6談)。

論評の答案を、英語240語程度で書く練習

速く書いても16分はかかります。時間が足りなくなる傾向があるので、答案構成を工夫することが求められています。

結論を前半の80語で書いて、続きの110語で詳述する構成を教えています。

余った時間で解答欄の残り20%に追加して答案を書くように指導しています。

英語で書かれた詩に気を取られないで読む

30%程度、内容に把握しきれない部分が出ます。出題の制約があるので、どうやっても15%は意味が理解出来ない箇所が残るものなのです。

大意を掴んで、思い切って書いていく練習をしています。

形式に言及し過ぎないように注意

答案を書くに際して、詩の形式に細かく言及すると肝心の内容が0に近似します。詩の内容について論評を書くことに重点を置くように、練習しています。

前日まで新作の予想問題を出題して演習

英語の詩について評論する問題はほぼ存在せず、あるとしても、適切な問題を選ぶのが困難なのが実情です。

時間配分、答案を書くときの感覚を忘れないように、前日まで、予想問題を作り、演習を繰り返しています。

Visits: 159

タイトルとURLをコピーしました