中学受験 英語ライティング 細かく採点せず、発想重視の答案指導

___[記事にはプロモーションが含まれます]
渋幕中、渋谷幕張中

中学受験 英語ライティング 細かく採点せず、発想重視の答案指導

中学受験 英語ライティングの答案の実情 同じような答案が多い

似たような内容の答案が多く点差がつかない

語数が多い問題では、書いた内容が個性的であることが高得点の条件になります。他の答案と異なる視点で書いていくことが不可欠になります。

ところが、児童が書く答案は82%が同じような内容で、合格答案は採点した先生が何年も覚えているほどユニークな着眼で書かれているのが実際です。

採点官の印象に残る発想の答案を書くには、細かく採点しない

英語ライティングの練習をするときに、必ず制限時間を設けて、答案を書かせるのが前提です。

講師の採点の仕方にポイントがあります。細かな採点をせずに、解答例を豊富に配布するのが発想を拡げるのに資するのです。

独自の視点をもとに、答案を書くことを評価し、他の受験生と違って良いことを教えるのです。

Views: 91

タイトルとURLをコピーしました