横浜雙葉中学校 帰国子女入試 国語と算数2科目の対策

___[記事にはプロモーションが含まれます]
帰国生スクール

堅調な進学実績が2021年に注目されている学校です。東大の合格者数を増加させたことで教育関係者の注目を集めています。

横浜にはインターナショナルスクール、中華学校が入り乱れる中、小学校から本格的な一貫教育を提供している強みが発揮されています。

2022年入試から帰国入試の出願資格の変更

「海外滞在1年以上」に緩和されます。

従来よりも海外滞在の要件が緩和されます

要件を緩和している学校の受験者数が増加基調にある点を踏まえています。

過年度までは、「海外滞在2年以上」が要件だったのですが、某一貫校が1年に短縮して、受験者数の増加を達成しているので、周辺の学校に同様の措置が拡がっています。

入試科目から判断すると、ある意味、帰国生に有利に働くことでしょう。

帰国子女入試は2月1日

神奈川県の学校では、いわゆる「解禁日」以降に帰国生入試を行う学校が少なくありません。

大学入試を考えての日程になっています

学校全体の入試日程が過密なので、伝統的な試験日を維持しています。

帰国生入試 国語と算数2科目の対策

保護者が心配する作文と日本語聞き取り問題から説明します。

作文50分600文字の対策

制限時間以内に600文字の作文を書けない受験生が稀に出現します。せっかく国語と算数の問題が解けているのに、努力が報われない結果になってしまいます。

受験は確実性が要求されるので、しっかり600文字の日本語作文を書けるように、月に4回、作文のテストゼミをします。

日本語聞き取り問題の対策、日本語のリスニング

入試の当日に緊張して、上手く解けないことが起こるかもしれません。本当の話しですが、音響に問題があって、不正解が多発することもあります。

月に4回、テストゼミ形式で練習をします。

本日は、ここまで途中です、後日、続きを記載します。

Views: 87

タイトルとURLをコピーしました