ビジネス英語、コーチング英会話スクールの最高峰(1年制)

___[記事にはプロモーションが含まれます]
帰国生スクール

ビジネス英語、コーチング英会話スクールの最高峰(1年制)

就職して英語が必要になった場合に仕事をこなせる英語力が身に着く社会人向けのコーチング型英会話スクールについてです。

最高レベルの学校を1つに絞って紹介します。

本気で英語を話したいなら「トライズ」

学習内容をカスタマイズしてもらえること

英語でのビジネスを完結出来ること、が最終目標です。ビジネス英語の習得のためには、学習内容を受講者に最適化してもらえることが必須です。

受講生のニーズに応じて最適な学習計画を立ててもらえる英語スクールで調べてみました。

日本人コンサルタントが学習計画を立てるのを手伝ってくれます

大学を卒業して、入社してから、英語で業務を行う必要に迫られることが多いです。急いで、社会人向けの英語スクールに通う方が多いですが、困るのは、学習の進め方。

「分からない」箇所を上手くネイティブに伝えるのは難しい、との判断から、日本人の英語学習について理解が深い、日本人コンサルタントが受講生の学習計画を立てるカウンセリングをしてくれます。

細かく学習計画を立てる相談に乗って下さいます。

ネイティブ講師と英会話の授業があること

コーチング型の英会話スクールの中には、英会話は他社サービスを組み合わせるスクールがあります。社外ネイティブ講師と学習内容にマッチした英会話の練習をして、学習効果を上げるのは難しいので、社内でネイティブ講師の英会話授業を提供出来るスクールを紹介しています。

アメリカ基準で教えること

ネイティブ講師の視点から見た、英会話の授業の困難について書いておきます。日本人の会話力に合わせてしまう問題があるのです。英会話スクールのネイティブ講師は、サービス業に就いているだけのことはあり、皆、礼節をわきまえているのですが、それでも、日本人学習者の英語力に合わせて英語のレベルを下げてしまいたくなる誘惑にかられてしまいます。

最初から、アメリカ基準の英語で会話の授業を提供すると謳っているスクールを選ぶ必要があります。

日本人サポート担当が付いていること

英語学習者が勉強をしていて、困ったことが生じたら、直ぐに相談出来る日本人サポート担当が付いていることが重要です。

Visits: 0

タイトルとURLをコピーしました