中学受験 帰国入試 面接試験の対策と生徒の得点分布

___[記事にはプロモーションが含まれます]
中学受験 英語面接の対策

中学受験 帰国入試 面接試験の対策と生徒の得点分布

算数の入試での得点分布と一致する面接の得点分布

帰国入試の説明会でネイティブ教員に英語で質問してみて下さい。「求められる人物像について中学2年生レベルの英語で回答して貰えることでしょう」

12月入試の学校では、露骨に嫌がらせを受けることが多々ありますが、アメリカからお越しの先生が多いようで、仕方ないですね。小学4年生でも、近頃はアメリカ人気質を理解出来ています。

なかなか、豪快なレスポンスをネイティブ教員から賜りまして、滝汗です。

表題、面接試験の得点分布について。中学受験の算数と同じ分布になるのですが、満点の方に1つの小さな山、平均点の近くに大きな山が出来ます。

もちろん、前者が合格間違いないのは言うまでもないでしょう。

面接で高得点の評価を受けるコツ

他の受験生が思い付かない、ウィットに富んだ返答を研究なさって下さい。

某中学校の合格者は、ママと一緒に練習していたと話を聞いて、オイオイと思いました。実に、愉しそうに、ママと練習した日々を振り返ってらっしゃいました。仲が良いのね。

塾の教室での面接対策

面白い受け答えをするヒトの特徴は、常に相手を喜ばせようとしている点にあります。面接練習も、試験官を楽しませる答えを考える練習をします。

90%の日本人は真面目にかしこまって返答するのが美徳と考えているわけですから、塾で練習しても点差がつかないんですけどね、本当は。

高得点での合格者は、何の役に立つのか知りませんが、面接の練習が好きなんですよ。

Visits: 64

タイトルとURLをコピーしました