月木16:55、小5中学受験 英詩の批評エッセイ授業(月額91,200円)

___[記事にはプロモーションが含まれます]
中学受験 英語入試

入会金29,800円が別途必要。5人以下のクラスで教えます。1人でも開講します。

英詩の論評エッセイは点差がつくのですが、答案を書く機会が少ないのが小6の実情です。保護者も我が子の答案への期待値を測ることが難しいです。

小学5年生で英語の詩を学びたいと考えている児童を対象にした授業です。中学受験で出題されているのですが、小6から初めても間に合わないことがあるので、早期に開始します。

詩に苦手意識が強いお子さんには、TOEFLとケンブリッジ英検の問題も併用して授業を進めます。中学受験の観点では、英米の検定試験でスコアを確保すると融通が効いて合格が確実になります。

小5で完成させる英詩の批評エッセイ対策

解答欄を埋めることを最優先します。毎回の授業で答案を書くことを重ねていくと、答案の中身、コンテンツを改善したくなります。どんなに、ぼぉ~とした子でも、自分が納得のいく答案、自信を持てる答案を書きたくなりますから。

自由に答案を書いていくことで、英語の詩を分析して、エッセイを書くのが苦にならなくなることでしょう。

小6では高品質な答案の書き方を伝授

答案の書き方にはテクニックがあります。ただ、テクニックを学んでも、同じ塾で習っている児童は似通った答案を書きます。採点者のネイティブ教員がディスっていましたから、本当です。問題は、このネイティブ教員が3年に1回の割合でしか、この話しをしない現実です。小4からずっと学校説明会に出席しても、他のネイティブ教員とのローテーションの関係で聴けないこともありますので。

本当のテクニックとは?

英語の詩を読んで、自分の視点を基盤として英語で批評する力が本当の学力です。ですので、テクニックが有する本来の語義に近いのかもしれません。英語で言うと、work out が近いのでしょうか?

どんな英詩を提示されても、自力で着眼点を設定し、分析してエッセイ280語に仕上げる。ここで、視点は各自で異なるのが前提なので、講師は型にはめた指導はしません。あくまでも、各自が個性的な答案を書くように導くだけです。小6では個性的な着眼を磨く練習をします。

イギリスの大学が出版している入門書を使っての授業

イギリスの書籍を配布して、授業を進めるのが適しています。小5でも読めるもの、少し背伸びが必要なもの、難しいけど配布しておくと有益なもの、3通りに分けて配布しつつ、授業を進めます。

ただし、前から読む授業はしないので、飛ばし飛ばし使います。あらかじめ、ご容赦下さい。

アメリカの大学での文学系のテキストも配布

海外大学で人気の行先はアメリカなので、アメリカのテキストも使用します。中学受験ではイギリスの題材が出題されます。文章でアメリカの著者が出題されても、イギリス的な視点で答案を書いた方が点数は高く出るので、気を付けて下さい。

アメリカのテキストを使うのは、freedom を感じるためです(笑)。

TOEFLの問題も授業でテストゼミを実施

宿題を出さず、小テストも実施しません。授業を全てテストゼミにすると、英語学習における全ての悩みが解決します。授業時間が終わるまでに直しも終えるので、帰宅時には復習も終わっています。

TOEFL junior も含めて学習します

解かせてみたことがあるのですが、全問正解で本人も驚いていました。親御さんの表情がパッと明るくなったのを記憶していますが、私はこのシーンを見なかったことにしています(笑)。なぜかって?

英語入試で合格した生徒たちに、入学後、中学校で解かせている、との説明を聞いたことがあるからです。試しに解かせてみましたが、軽く全問正解だったので、確か「貴重な時間をムダにして申し訳ありません」と謝罪した記憶があります。

ケンブリッジ英検の英文法、イディオム問題も解きます

英文法の問題が出題される根拠はケンブリッジ英検にあります。が、しかし、TOEFLでも心理的には、地球から月ぐらい離れていますから、ケンブリッジ英検は地球からMarsでしょう。心配なのは、From the Earth to the moon は既に人類が達成しているので、ひょっとすると、to the Mars になるのでは?

とはいえ、勉強は児童が自分の頭でするものですから、簡単ですよ、克己。

中学受験の英語問題で出題の根拠となる部分を使用

ケンブリッジ英検の問題で、他にも中学受験の奇妙な英語の問題での論拠となる設問があります。不合格の原因にはならないですが、授業で紹介します。繰り返しますが、落ちる要因にはなりません。

まとめ

小5の児童に英語の授業をする、中学受験の英語、で書いていますが、小3でも、小4でも受講できます。講師は同じ先生が継続して教えますから、長く習うほど、深く理解できます。

学年が低い受講生になればなるほど、簡単に説明しますので、後年、受験生になったときに、学術用語でキチンと置き換えて整理し直すようになさって下さい。

Visits: 39

タイトルとURLをコピーしました